ホワイト ポンド リリー(白スイレン)(白睡蓮)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当

サプリメント通販ショップ専門店市場 > ハーブ > ホワイト ポンド リリー(白スイレン)(白睡蓮)
 

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場
ホワイト ポンド リリー(白スイレン)(白睡蓮)(White Pond Lily)






ホワイト ポンド リリー(白スイレン)(白睡蓮)と健康


近年ではストレスが蓄積されてしまい不眠に陥ってしまったりする人が増えていると言われています。


不眠と言うと、詳しい知識を持っていない人は毎日のように眠れない日々が続いてしまうと思っているかもしれませんが、
そうではありません。


不眠は人によってそれぞれで違っていて、非常に眠りの浅い状態が続いてしまう人もいますし、
眠りにつくまでに長い時間がかかってしまう人もいます。

またその他には一度眠りについてもすぐに目が覚めてしまうのだと言う人もいます。


どのような症状であれ、共通して言えるのは毎日不眠症の症状に悩まされる事によって体力がどんどん奪われ、
本当に辛いと言う事になります。


不眠を改善するために薬を服用しているという人も沢山いるのですが、
睡眠導入剤などと言うのは体に良い影響を与える薬では無くて、
耐性がついてしまえばどんどん量を増やしていかなくてはならない薬になります。


強い薬を飲まなければしっかりと眠る事が難しい状態になってしまうと、
薬からの離脱さえも難しくなってしまいます。


そこでしっかりと眠る事が出来るような運動、食事、栄養、休養のリズムで、
不眠を改善していくと良いでしょう。


ホワイトポンドリリーと言う花で販売されているのですが、
ホワイトポンドリリーをお茶として飲んでいる事によって気分がリラックスに向かうと言われています。


またホワイトポンドリリーはお茶として飲むだけでは無く、
ポプリを作ってお部屋に置いておくだけでも安定した睡眠をプラスだと言われています。




ホワイト ポンド リリー(白スイレン)(白睡蓮)とは?


スイレン(睡蓮、英:water lily、学名:Nymphaea)は、スイレン科スイレン属の水生多年草の総称。

水位が安定している池などに生息し、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべる。 葉は円形から広楕円形で円の中心付近に葉柄が着き、その部分に深い切れ込みが入る。葉の表面に強い撥水性はない。根茎から直接伸びる花柄の先端に直径5-10cmほどの花をつける。

産地で大まかに分けると、熱帯産と温帯産に分けられる。園芸ルートで一般的な物は温帯産、アクアリウムルートで一般的なものは熱帯産である。温帯産は水面のすぐ上に花を付けるが、熱帯産は水面から高く突き出た茎の先端に花をつけることから、区別が付く。また、熱帯産には夜や早朝にしか花を咲かせない種もある。温帯産種と熱帯産種には塊根にも大きな違いがある。熱帯産の塊根は、下にあるタイガーロータス塊根部の写真のように、丸みを帯びた『球根型』をしたものが多い。対して、温帯産は、ワサビの根のような細長い塊根を持つものが多い。

多数の園芸品種がある。日本には1種が自生し、和名はヒツジグサ(未草)。各地の池に生育し、白い花を午後、未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われる。

熱帯スイレンと呼ばれるものは、原産地はエジプトとされ、熱帯から亜熱帯にかけて約40種が分布し、交配によって多数の園芸種が存在する。

よく似たハス(蓮:以前はスイレン科とされた)と混同されるが、現在は別のハス科とされ、全く系統が異なることが明らかになってきた。 ハスは水面から高く花柄が伸び、葉に撥水性がある。またハスの根はいわゆるレンコン(蓮根)である。

印象派の画家クロード・モネの大作「睡蓮」も有名。


以下で、流通している睡蓮の種を温帯産と熱帯産に分けて紹介。

温帯産
一般的なスイレンは、いくつかの野生種を交配、品種改良し、作出された園芸種である。花の色、葉の色、模様、様々な姿の品種が存在する。


ヒツジグサ
日本に自生する野生種。ニムファの仲間では日本で唯一のものである。白く小さな花を咲かせる。


熱帯産

タイ・ニムファ
葉が真紅に染まる東南アジア原産のスイレン。一般的にはアクアリウムで水中葉を観賞するが、戸外で保温が可能なら、花を楽しむことが可能である。


タイガーロータス

タイガーロータス
水中葉の水槽中での様子
タイガーロータス
水から上げて根を撮影したもの西アフリカ熱帯域原産のスイレン。一般的にはアクアリウムで水中葉を観賞する。葉のカラーバリエーションは、暗めのワインレッドをした『レッド』と、緑に茶色の斑が入った『グリーン』がある。


セイロン・ヌパール
インド、ラオス原産。ヌパールと呼ばれるが、スイレンの仲間である。葉は、黄緑色のグリーン
フッター『サプリメント通販ショップ専門店』ワールドサプリ.JP