健康食品(Supplement)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当

サプリメント通販ショップ専門店市場 > 健康食品(Supplement)
 

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場
健康食品(Supplement)


パッド - pad
パッド - pad 7-KETO(7-KETO) パッド - pad
パッド - pad 乳酸菌(アシドフィルス)(Acidophilus)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 副腎(Adrenal) パッド - pad
パッド - pad アガリクスキノコ(Agaricus Mushroom) パッド - pad
パッド - pad スーパーキノコ(AHCC)(Active Hexose Correlated Compound)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad アルカリ製品(Alkaline Products) パッド - pad
パッド - pad アロエベラ(Aloe Vera) パッド - pad
パッド - pad アルファリポ酸(Alpha Lipoic Acid)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad Antibiotics) パッド - pad
パッド - pad 物質(アンティオキシダント)(Antioxidants) パッド - pad
パッド - pad アップルサイダービネガー(リンゴ酢)(Apple Cider Vinegar)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad アスコルビルパルミテート(パルミチン酸塩)エスターC(Ascorbyl Palmitate) ( C Ester ) パッド - pad パッド - pad アスタキサンチン(Astaxanthin) パッド - pad パッド - pad アーユルベーダのハーブ(Ayurvedic Herbs)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 大麦草(バレリーグラス)(Barley Grass) パッド - pad パッド - pad 栄養バー(Bars Nutritional) パッド - pad パッド - pad ビーポーレン(蜂花粉)(Bee Pollen)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ベントナイト(Bentonite) パッド - pad パッド - pad ベータグルカン(Beta Glucan) パッド - pad
パッド - pad ベタイン(Betaine)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ベータシトステロール(Beta Sitosterol) パッド - pad パッド - pad 藍藻(青緑色藻類)(Blue Green Algae) パッド - pad パッド - pad ルリジサ(ボリジ)油(Borage Oil)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 牛(ウシ)製品(Bovine Products) パッド - pad パッド - pad 醸造酵母(ブリューワーズイースト)(ブリューワーズ)(Brewer's Yeast )( Brewers ) パッド - pad パッド - pad ブロッコリーと芽キャベツ(ブロッコリスプラウト)(Broccoli and Brussels Sprouts)
Brown Seaweed(Fucoidan)(フコイダン(ワカメ)
パッド - pad ブロメライン(Bromelain
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad カプリル酸(Caprylic Acid) パッド - pad パッド - pad カロチノイド(Carotenoids)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad セル(細胞)フォルテ エンザイマティク セラピー社(Cell Forte Enzymatic Therapy) パッド - pad パッド - pad チャコール(活性炭)(Charcoal) パッド - pad パッド - pad キトサン(Chitosan)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad クロレラ(Chlorella) パッド - pad パッド - pad クロロフィル(葉緑素)(Chlorophyll) パッド - pad パッド - pad コレスティン(Cholestatin)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad コレステリン(エステリン、アルファルファエキス))(Cholesterin)( Esterin Alfalfa Extract )

パッド - pad パッド - pad コリン(Choline)

パッド - pad パッド - pad コンドロイチン(Chondroitin)

パッド - pad クエン酸(Citric Acid)

パッド - pad パッド - pad パッド - pad パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad クリシン(Chrysin) パッド - pad パッド - pad シトリマックス(ガルニシア カンボジア)(マンゴスチン藤黄)(Citrimax)( Garcinia cambogia ) パッド - pad パッド - pad 共役リノール酸 トリナン(CLA Tonalin)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad セチルミリストレート(CMO) パッド - pad パッド - pad 鱈(タラ)肝油(コッドリバーオイル(Cod Liver Oil) パッド - pad パッド - pad 補酵素(コエンザイム)Q10(Coenzyme Q10)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad コレウス フォルスコリ(Coleus Forskohlii) パッド - pad パッド - pad コラーゲン(Collagen) パッド - pad パッド - pad コロイド状(銀、金)(Colloidal ( Silver Gold )
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 初乳(Colostrum) パッド - pad パッド - pad 珊瑚(サンゴ)カルシウム(Coral Calcium) パッド - pad パッド - pad 冬虫夏草(Cordyceps Mushroom
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad コックス-2酵素(コックス2)(Cox-2 Enzymes)( cox 2 ) パッド - pad パッド - pad クレアチン(Creatine) パッド - pad パッド - pad 鹿の角(成長因子)(Deer Antler Velvet)( IGF)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 乾燥レバー()(Desiccated Liver) パッド - pad パッド - pad ドコサヘキサエン酸(DHA) パッド - pad パッド - pad DHEA&7-KETO()(& 7-KETO)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ジインドリルメタン(DIM) パッド - pad パッド - pad ジメチルアミノエチル(DMAE) パッド - pad パッド - pad D-マンノース(D- Mannose)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ディメチルグリシン(DMG) パッド - pad パッド - pad ダルス(Dulse) パッド - pad Ecklonia Cava Extract(カジメ(搗布)(エクロニア カバ エキス))
パッド - pad 必須脂肪酸(オメガ3、6、9)(EFA (Omega 3 6 9)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム(エチレンジアミンテトラ酢酸二 ナトリウム)(EDTA) パッド - pad パッド - pad 空のカプセル(ゼラチン、野菜カプセル)(Empty カプセル ( Empty Caps ) Gelatin & ベジタリアン) パッド - pad パッド - pad エナダ(Enada Nadh)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 酵素調合(Enzyme Formulas) パッド - pad パッド - pad エイコサペタエン酸(EPA) パッド - pad パッド - pad エッセンシャルオイル(精油)(アロマテラピー)(Essential Oils Aromatherapy)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad エシアックフォーミュラ(エシアク)(Essiac Formulas)(Esiak) パッド - pad パッド - pad 必須脂肪酸(オメガ3、6、9)(EFA (Omega 3 6 9) パッド - pad パッド - pad フェルラ酸(Ferulic Acid)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 繊維(ファイバー)(Fibers) パッド - pad パッド - pad 魚油(フィッシュオイル)(Fish Oil) パッド - pad パッド - pad 亜麻種子油(フラックスオイル)(Flax Seed Oil)
フコイダン(ワカメ)(Fucoidan (Brown Seaweed))
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 果物(フルーツ)(Fruits) パッド - pad パッド - pad ギャバ(GABA) パッド - pad パッド - pad ガランタミン ライフエンハンスメント社(Galantamine Life Enhancement)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad マオリザノール/フェルラ酸(Gamma Oryzanol / Ferulic Acid) パッド - pad パッド - pad マンゴスチン藤黄(ガルニシアカンボジア)(シトリン、シトリマックス)(Garcinia Cambogia)( Citrin Citrimax) パッド - pad パッド - pad ゼラチン(Gelatin)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ゲルマニウム(有機)(Germanium Organic) パッド - pad パッド - pad グルコサミン(Glucosamine) パッド - pad パッド - pad グルコソル(Glucosol)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ヤギ乳漿(ホエイ)ミネラル(パッド - padGoat Whey Minerals) パッド - pad パッド - pad グレープフルーツシード種子エキス(パッド - padGrapefruit Seed Extract) パッド - pad パッド - pad 緑茶エキス(Green Tea Extract)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad グリフロン・マイタケ(Grifron Maitake) パッド - pad パッド - pad ガラナ(Guarana) パッド - pad パッド - pad グアーガム(Guar Gum)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad パッド - pad パッド - pad ヒト成長ホルモン(HGH)(Human Growth Hormone) パッド - pad パッド - pad ホモシステインデイフェンス(防御)(Homocysteine Defense)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ヒューペルジン(Huperzine)( Huperzin ) パッド - pad パッド - pad ヒアルロン酸パッド - padHyaluronic Acid) パッド - pad パッド - pad イミュノリン(Immunolin)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad インドール-3-カルビノール(Indole - 3 - Carbinol) パッド - pad パッド - pad イノシンパッド - padInosine) パッド - pad パッド - pad イノシトールとフィチン酸パッド - padnositol & IP6)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad イヌリン(Inulin) パッド - pad パッド - pad ヨウ化物(沃化カリウム)(Iodide)( Potassium Iodide ) パッド - pad パッド - pad 鉄(アイロン)(Iron)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ホホバオイル(油)(Jojoba Oil) パッド - pad パッド - pad ラクトフェリン(Lactoferrin) パッド - pad パッド - pad レシチン(ホスファチジル コリン)Lecithin ( Phosphatidyl Choline )

パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad カンゾウ根(リコライス)(DGL)パッド - padLicorice Root)( DGL ) パッド - pad パッド - pad 製品(Liver Products) パッド - pad パッド - pad ロングジャック(Long Jack)( Tongkat Ali )
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ルテイン(Lutein) パッド - pad パッド - pad リコピン(Lycopene) パッド - pad パッド - pad マイタケ(Maitake Mushrooms)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 口腔衛生 (Oral Hygiene) パッド - pad 味噌(ミソ、みそ)(Miso) パッド - pad パッド - pad メチルコバラミン(ビタミンB12)(Methylcobalamin)( Methyl cobalamin ) B 12
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad マッシュルーム グリコ ニュートリエント(アラビノキシラン/バイオブラン/糖鎖栄養素) パッド - pad パッド - pad モリブデンパッド - padモリブデンMolybdenum) パッド - pad パッド - pad メチルサルフォニルメタン(有機硫黄)(MSM)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad キノコ(Mushrooms) パッド - pad パッド - pad N-アセチルグルコサミン(N-Acetyl-Glucosamine)(NAG) パッド - pad パッド - pad ナットーキナーゼ(納豆菌酵素)(Nattokinase)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ネプチューンクリル(オキアミ)オイル(油) (Neptune Krill Oil) パッド - pad パッド - pad ニューロミン DHA(Neuromins DHA) パッド - pad パッド - pad ノニ(Noni)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad オートブラン(Oat Bran) パッド - pad パッド - pad オクタコサノール(Octacosanol) パッド - pad パッド - pad オレガノオイル(油)(Oregano Oil)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad パラアミノ安息香酸(PABA)パッド - pad パッド - pad パッド - pad ピリドキシンアルファケトグルタル 酸(PAK) パッド - pad パッド - pad パンクレアチン(Pancreatin)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad パンテチン(Pantethine) パッド - pad パッド - pad パパイア パパイン(Papaya Papain)( Carica Papaya ) パッド - pad パッド - pad ペクチン(Pectin)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ペパーミントオイル(油)(Peppermint Oil) パッド - pad パッド - pad ペリラオイル(荏の油)(Perilla Oil) パッド - pad パッド - pad パセオラミン(インゲンマメ抽出物)デンプンブロッカー(Phaseolamine) ( kidney bean extract ) Starch Blocker
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad フィトソム(Phytosome) パッド - pad
パッド - pad 植物ステリン(ステロール)(ベータシトステロール)(Phytosterols)(Beta Sitosterols) パッド - pad パッド - pad ポリコサノール(サトウキビまたは米蝋ス)(Policosanol)( Sugar Cane or Rice Wax )
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad プレグネノロン(Pregnenolone) パッド - pad パッド - pad プリムローズオイル(サクラソウ油(マツヨイグサ油(EPO))(Primrose Oil )( Evening Primrose Oil EPO ) パッド - pad パッド - pad 黄体ホルモンクリーム(Progesterone Cream)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ハチ(蜂)プロポリス(Bee Propolis) パッド - pad パッド - pad ホスファチジルセリン(PS)( PhosphatidylSerine ) パッド - pad パッド - pad カボチャ種子油(オイル)(Pumpkin Seed Oil)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ピクノジェノール(Pycnogenol) パッド - pad パッド - pad ケルセチン(Quercetin) パッド - pad パッド - pad 霊芝(レイシ)(Reishi Mushroom)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad レローラ(Relora) パッド - pad パッド - pad レスベラトロール(Resveratrol) パッド - pad パッド - pad D−リボース(D-Ribose)( D Ribose )
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ライスプロテインパウダー(米タンパク質粉)(Rice Protein Powder) パッド - pad パッド - pad ローヤルゼリー(Royal Jelly パッド - pad パッド - pad サンブコル ネイチャーズウェイ社(Sambucol by Nature's Way)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad サミー(SAM-e) パッド - pad パッド - pad ナマコ(Sea Cucumber) パッド - pad
パッド - pad 海カラスガイ(Sea Mussel)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad サメ軟(Shark Cartilage) パッド - pad パッド - pad 椎茸(シイタケ)(Shiitake Mushrooms) パッド - pad パッド - pad 二酸化ケイ素水素化物(Silica Hydride)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad シリコン(Silicon) パッド - pad パッド - pad 大豆(ソイ)(プロテイン(タンパク質)、イソフラボン、発酵)(Soy ( Protein Isoflavone Fermented )) パッド - pad パッド - pad スピルリナ(Spirulina)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 甘味料(ステビア、ローハン、砂糖、...)Sweeteners ( Stevia Lohan Sugar...) パッド - pad パッド - pad ストロンチウム(Strontium) パッド - pad パッド - pad スーパーフード(Super Foods)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad スーパーオキサイドジスムターゼ( SOD ) SuperOxide Dismutase パッド - pad パッド - pad タマヌオイル(油)(Tamanu Oil) パッド - pad パッド - pad ティーツリーオイル(油)(Tea Tree Oil)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad テストステロンジェル(クリーム) (Testosterone Gel Cream) パッド - pad パッド - pad 胸腺(Thymus) パッド - pad パッド - pad 無水ベタイン(TMG)( Anhydrous Betaine )
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad Tribulus(Tribulus) パッド - pad パッド - pad バナジウム(Vanadium)( Vanadyl ) パッド - pad パッド - pad ビンポセチン(Vinpocetine)( Vinpocetin )
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad 小麦麦芽油(Wheat Germ Oil) パッド - pad パッド - pad 小麦製品(Wheat Products) パッド - pad パッド - pad ホエイプロテイン(乳清タンパク質)(Whey Protein)
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ウォーベンザイム(Wobenzym) パッド - pad パッド - pad イェルバマテ(Yerba Mate) パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad ゼアクサンチン(Zeaxanthin) パッド - pad パッド - pad ZMA(マグネシウム と亜鉛とビタミンB6のブレンド) パッド - pad パッド - pad ジィフレイメンド(Zyflamend)
パッド - pad



健康食品


健康食品(けんこうしょくひん)は、健康の保持増進に役立つものであると機能が宣伝され販売・利用されることで、学術的な認識とは独立して社会的な認識においては他の食品と区別される一群の食品の呼称である[1][2]。健康食品の一部は行政による機能の認定を受け保健機能食品と呼ばれる。また業界団体である日本健康食品協会(日本健康食品・栄養食品協会)は(旧)厚生省の指導により規格基準を設定し、1986年より「健康補助食品」の認定マーク(JHFAマーク)を発行している。[3]
「いわゆる健康食品」や「健康志向食品」などの用語も使用される。


目次
1 定義
2 形態
3 分類
3.1 食品の区分
3.2 健康に関する科学的根拠と表示
3.3 一般食品
3.3.1 生薬の取り扱い
3.4 保健機能食品
3.4.1 特定保健用食品
3.4.1.1 個別許可型
3.4.1.2 規格基準型
3.4.1.3 条件付き特定保健用食品
3.4.2 栄養機能食品
4 問題点
4.1 販売方法、宣伝手法
4.2 過剰摂取
4.3 その他
5 健康食品に関わる資格
6 海外
6.1 アメリカ合衆国



定義

日本の法律(薬事法及び食品衛生法)では、口に入る物は「食品」か「薬」のどちらかであり、「健康食品」というカテゴリーは存在しない。健康食品は法律上、「食品」として扱われる。(詳しくは分類の項参照)
2003年から2004年にかけて13回行なわれた行政による「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」においての定義は「広く、健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般」とされている[4]。
1991年に保健機能食品制度が定められ、国の定めた規格や基準を満たす食品については保健機能を表示することができるようになった。保健機能食品には、科学的根拠を提出し表示の許可を得た特定保健用食品(トクホ)と、特定の栄養素を含み基準を満たしていれば表示が可能となる栄養機能食品がある。「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」では、健康食品から保健機能食品を除いたものを、「いわゆる健康食品」と表現している[4]。
独立行政法人である国立健康・栄養研究所では、「健康食品の安全性・有効性情報」というデータベースを公開し情報の提供の役割を担っている。2007年2月には、国立健康・栄養研究所の監修で『健康食品データベース』[5]という書籍が翻訳され発行されているが、英語の原題中の Natural medicines の和訳が健康食品である。
形態

一般的に、通常の飲食物の形態をとるほか、粉末や錠剤やカプセルなど医薬品と似た形態のものも多い。ビタミンなどの栄養素や動植物の抽出物を補給するものは「サプリメント」とも呼ばれる。
錠剤やカプセルなど医薬品類似形態のものは1971年より販売が禁止されていた[6]が、2001年、「医薬品の範囲に関する基準の改正について(医薬発第243号平成13年3月27日)」で基準が緩和され、食品であることを明記すれば販売が容認される事になった[7]。
分類

薬事法及び食品衛生法によれば、全ての口に入るものは、医薬部外品を含む広義の医薬品と食品に2区分される。[8][9]
広義の医薬品 食品
医薬品 医薬部外品 保健機能食品 一般食品(いわゆる健康食品含む)
特定保健用食品 栄養機能食品
定義している法律 薬事法 健康増進法・食品衛生法 食品衛生法
効果効能の表示 国の認可により表示可能 定められた栄養機能のみ可能 不可(記述すると薬事法違反)
販売の規制 薬局・薬店のみ(例外事項あり) 一般小売店でも販売可能
詳細は「医薬品#食薬区分」を参照
医薬品、食品ともに厚生労働省の医薬食品局(ただし、食品は、局内部組織の食品安全部)が監督している。[10]
食品の区分
順に特定の区分、特定の品目において食品として販売できるよう基準が緩和されてきた。
1991年9月、栄養改善法に基づいた特定保健用食品の制度がはじまる。
1996年、市場開放問題苦情処理体制 (OTO) により、国内でサプリメント販売が可能となる[11]。
1997年、「ビタミンの取扱いについて」(平成9年3月31日薬務局長通知)により、13種類のビタミンが食品として販売可能となる。
1998年、「いわゆるハーブ類の取扱いについて」(平成10年3月31日医薬安全局長通知)により、168種類のハーブ類(生薬)が食品としての販売が可能となる。この時点ではアメリカに倣い、こうしたハーブは食品であり、医薬品としては取り扱わないこととされた[12]。
1999年、「ミネラル類の取扱いについて」(平成11年3月31日医薬安全局長通知)により、12種類のミネラルが食品として販売可能になる。
2000年、OTOによって海外で栄養補助食品として流通しているものが医薬品として規制されることなく食品として販売できるよう決定される。[13]。
2001年、「医薬品の範囲に関する基準の改正について(医薬発第243号平成13年3月27日)」、アミノ酸23種類が食品として販売できると記載される[7]。
2003年、OTOによって「成分本質(原材料)が専ら医薬品」とされているものについて、積極的に食薬区分の見直しを行うことが決定される[14]。
「医薬品的効能効果を標榜しない限り食品と認められる成分本質」のリストに載っている1000ほどの成分は、効能効果を表示すれば医薬品、表示しない場合は食品として販売される。
健康に関する科学的根拠と表示
健康の維持増進、病状の改善、ニンニクやスッポンなど滋養強壮、痩身、様々な効能効果が強調される。
2004年の「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」では、表示への規制も強く曖昧な表示や誇大広告も増えているとされ、こうした情報提供の歪みを是正し食品の機能を十分に理解できるような信頼できる正確な情報提供が求められるという方向性が示された[4]。また、表示のための科学的根拠のレベルが高すぎることについても「条件付き特定保健用食品」の制度が示された[4]。厳格な科学的証拠がある場合にしか表示ができないことも、曖昧な表示が氾濫する一因であるとされた[15]。そして、食品の機能に関する表示の信頼性が高まっていくことによって、国民の健康づくりに寄与されることが期待されるという方向性が示された[4]。
さらに、食育の観点から、食品の機能や用法に関するデータベースが活用されるべきであるとされ[4]、厚生労働科学研究費補助金によって国立健康・栄養研究所が健康食品に関するデータベースを公開している。健康食品に関するデータベースを作り国民に広く普及させるという意見に基づいて、消費者の立場に立った科学的な根拠のある情報の公開がなされている[16]。
2006年、OTOで「消費者にとってより判り易いサプリメントに係る情報提供の推進」として国立健康・栄養研究所のデータベースの紙媒体等への情報提供手段を整備することが決定された[17]。
一般食品
健康食品には、エビデンス(科学的根拠)のないもの、エビデンスが不十分なものも存在し、また逆にエビデンスがあっても保健機能食品でなければ、表示すれば薬事法違反となるため表示できない。このため、効能を連想させるような曖昧な表現にならざるを得ない。チラシや刊行物でも効能効果の表示が許されていない。
健康食品において謳われる効能などは、行政による公的な検証(確認)を経ないため、商品の信頼性は消費者側が客観的に評価、検証することになる。
2005年、「いわゆる健康食品の摂取量及び摂取方法等の表示に関する指針について」(平成17年2月28日食安発第0228001号)[18]で表示の指針がある。
1日当たりの摂取目安量
通常の形態及び方法によって摂取されないものにあっては、摂取の方法
摂取をする上での注意事項
バランスの取れた食生活の普及啓発する文面「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」の記載
生薬の取り扱い
日本では漢方などで用いられる在来の生薬の一部が医薬品として認められているが、西洋ハーブ(生薬)が健康食品として流通している。
西洋ハーブは、アメリカではサプリメントとしてEUでは医薬品(ハーバルメディスン)として流通していたが、日本ではアメリカの外圧によって1998年のハーブ類の形態に関する規制緩和をしたため、健康食品として流通・販売できることとなった。
2003年6月24日、「一般用医薬品としての生薬製剤(西洋ハーブを含む)の審査のあり方に関する検討会」[19]で、こうした西洋ハーブに関して厚生労働省でも検討会を開いた。以下のような意見が寄せられた。
薬効があり注意を要するものがあるが、食品であるため表示ができない。
ダイレクトOTCとして合成医薬品のレベルでしか審査が受けられないが、これは承認されるのが難しい。
さらに日本とEU諸国では承認制度が違い、EU諸国ではこうした既存の生薬は動物実験で安全性を確認するだけでいいのに対し、日本では高額な費用と数年以上の期間を必要とする通常の治験が必要とされる。(詳しくは、「治験」の項目を参照)生薬は特許がとれないため事業者は採算が取れないことから治験が行われない。
この検討会は2回目は開かれなかった[20]。
2007年3月22日、厚生労働省医薬食品局審査管理課は、日本で承認が難しく健康食品として流通していた西洋ハーブなどの生薬については海外のデータの利用を承認し、今後は医薬品の承認申請の負担が軽減されることとなった[21]。
2007年7月以降、「健康食品の安全性確保に関する検討会」[22]が行われた。
保健機能食品

この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。
保健機能食品は、健康食品のうち安全性や有効性等が国の設定した一定の基準を満たした食品である。 健康食品の品質を見極める時、評価基準の一つとすることが出来る。
健康増進法及び食品衛生法により定義され、特定保健用食品と栄養機能食品の2つに分けられる。



特定保健用食品



特定保健用食品のマーク。厚生労働省時代のもの
実験データに基づいて審査を受け、健康づくりのための食習慣改善のきっかけとして「〜が気になる方に」という効能効果を表示することを日本政府から認可された食品。通称「トクホ」「特保」と呼ばれる。健康増進法に基づく特別用途食品に含まれる。
1991年に導入された制度だが、認知度が低かったため、日本政府がヤクルト本社にトクホを取得するように提案し、1998年認可された[23]。
医薬品ほどの効能がない食品機能を厚生労働省が保証する制度であるが、審査が厳しく認可取得に関する費用と時間がかかり過ぎることが問題視されてきた。 なお2009年9月には、製造所固有記号の届出などとともに、消費者庁の食品表示課に所管が変更されている[24]。
個別許可型
商品ごとに個別に実験データを提出し審査を受け許可される必要がある。
形態としては、通常の飲食物(ヨーグルト、乳酸菌飲料、納豆、お茶など)や調味料(オリゴ糖など)、食用油などの形態をしたものが多く、錠剤やカプセル、粉末状の物は少数である。
許可された成分と表示内容の例
キシリトール - 「虫歯の原因になりにくい食品です」
ラクトトリペプチド - 「血圧が高めの方に適する食品です」
ジアシルグリセロール - 「体脂肪が体につきにくい食品です」


規格基準型
その成分を含んだ特定保健用食品許可実績が十分(おおよそ100件以上)であり、科学的根拠が蓄積されている一定の基準を満たしている食品(成分)に関しては、国が規格基準を定めたうえで、個別審査なしで許可をうけることができる。


条件付き特定保健用食品
2005年より制度化されたが、これまでに認可申請はほとんど無い。
特定保健用食品のうち、特定保健用食品の許可のレベルには届かないが一定の有効性が確認される食品(作用機序は明確だが有効性は少し低い・作用機序は不明だが有効性は認められる)について、限定的な科学的根拠である旨の表示をすることを条件として許可対象とされるもの。
表示内容の前に「根拠は必ずしも確立されていませんが」という但し書きが必須となる。トクホの場合に数千万円とも言われる認可取得に要する費用が大幅に軽減されるわけでもなく、食品企業にとって取得のメリットがないため認可をとろうとする企業が少なく、開発された条件付き特定保健用食品はほとんど無いのが現状である。


栄養機能食品
2001年に導入された。食生活等の理由により、不足しがちな栄養成分の補給を目的とした食品。特定の栄養素を厚生労働省の設定した基準を含んでいれば、食品衛生法に基づき、表示が許可される(規格基準型)。前述の特定保健用食品とは異なり、厚生労働大臣の認可は必要なく、基準を満たしていれば表示できる。ただし、その際に「この食品の摂取によって、特定の疾病や症状が改善するものではない」という旨の注意書きや目安となる摂取量の記載、その他バランスの良い食事の啓発などの表記が義務付けられている。主にサプリメントに用いられるが、調味料やお菓子(一例として、明治製菓のハイレモン、ヨーグレット)、飲料水などにも表示されている。
対象となっているのは2008年時点で、ビタミン類、ミネラル類の17種。
許可の対象となる栄養成分は以下の通りである。
水溶性ビタミン - ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、葉酸
脂溶性ビタミン - ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE
ミネラル - カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛


問題点

販路としては、ドラッグストアやスーパーマーケット・百貨店を中心とした一般店舗で販売されるほか、訪問販売、通信販売、連鎖販売取引などの商材に使われることもある。
医薬品は薬事法、医薬品等適正広告基準等により製造や販売、広告手法が制限されるが、健康食品は健康増進法により、病気の予防効果や栄養成分の効果を謳う広告で著しい相違や事実誤認させる表示を禁止している。ただし、厚生労働省は、財源難から専従職員を配置できず、2009年に消費者庁が発足して所管官庁が移管されるまで、勧告など処分実績は無く野放し状態だった[25]。このため、違法な販売や広告手法、健康被害や詐欺が大きな社会問題になっている。健康食品被害にあわないよう、厚生労働省、国立健康・栄養研究所、食品安全委員会、各自治体、消費生活センターは注意を喚起している。


販売方法、宣伝手法
販売時に、「ガンなどの病気に効く」などといった薬事法に抵触するバイブル商法が使われることもある。このような根拠のない誇大表示(広告、宣伝)は薬事法、健康増進法、景品表示法、JAS法等に違反する。
また、21世紀に入ってからは、インターネットを通して中国で製造された中国・日本の薬事法において食品への使用が認められていない向精神薬・医薬品(日本において未認可の物も含む)の成分が含まれるダイエット食品を購入し食べたりした人が腹痛・下痢・死亡するなどの健康被害を起こす事件もおきている。
「有名人がテレビで言ったから」と報道内容及び宣伝内容をそのまま鵜呑みにしてしまう例も多い。テレビ番組で「健康によい」と取り上げられたとたんに需要が増加し、コンビニエンスストアやスーパーマーケットの棚から商品がなくなる、というのは近年でもよく見られる現象である[26]。自己で判断できない場合は、医師や薬剤師、栄養士等の専門家に助言を求めることも重要となる。


過剰摂取
一日の上限摂取量を超えて摂食した場合、健康被害が生じる可能性がある。また、健康食品のみを偏食したり、医師の治療をやめたり、処方された医薬品の服用をやめることで、健康被害を起こすケースもある。
その他
花王の「エコナ」は、食用油として初めて特定保健用食品に認定された商品であるが、グリシドール脂肪酸エステル(発がん性のあるグリシドールに体内で変換される懸念がある)が他の市販食用油より多く含まれていることが解かり(ヨーロッパの事例よりひとケタ多いとされる[27])、花王は2009年、販売を自粛するとともに、特定保健用食品の取り消しの届け出を行った。なお、グリシドール脂肪酸エステルが実際にグリシドールに変換されるかは現時点では不明である。



健康食品に関わる資格

健康食品のみを専門に司る国家資格は存在していない。
2002年2月、「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成に関する基本的考え方について」[28]では、2001年に健康食品に関して適切な情報が提供できるアドバイザリースタッフの確保の必要性が提言されたことを受けて、アドバイザリースタッフの定義や養成方法が示された。同2002年12月には、独立行政法人の国立健康・栄養研究所が認定する栄養情報担当者(NR)の認定制度ができた。
2004年、厚生労働省によって行われた検討会では、個々の状況に応じた食品の選択が食育の観点からも重要であり、管理栄養士、薬剤師などの正しい情報を提供できるアドバイザリースタッフによる役割が重要であるとしている[4]。
2005年、健康食品に係る制度に関する質疑応答[15]では、アドバイザリースタッフとして、栄養情報担当者や食品保健指導士、サプリメントアドバイザーが挙げられた。
公的資格としては、独立行政法人 国立健康・栄養研究所が認定する栄養情報担当者(NR)があり、健康食品に関する適切な情報が提供できる者に与えられる。
民間資格としては、試験での合格が必要なサプリメントアドバイザー(日本サプリメントアドバイザー認定機構)・健康食品管理士(健康食品管理士認定協会)・食品保健指導士((財)日本健康・栄養食品協会)や、受講や通信教育のみで取得可能なサプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会)・サプリメント指導士(NPO日本サプリメント協会)・サプリメント管理士(NPO新生活普及協会)・サプリメントコーディネータ((株)日本フローラルアート)・栄養補助食品指導士((財)日本栄養補助食品科学検定協会)などがある。
通院や入院をしていたり薬(市販薬を含む)を服用している場合、摂取による持病の悪化や医薬品との相互作用が問題となる場合がある。これらの人は主治医及び薬剤師への確認も欠かしてはならない。


海外

アメリカ合衆国
アメリカでは、アメリカ食品医薬品局(FDA)が一括で、薬品、食品、ダイエタリー・サプリメントという3区分で管理している。アメリカでは、1952年にハーブ類を含む生薬はそのほとんどが医薬品から外され7品目のみ残っていた[19]。後に、サプリメントとして販売されることになる。
1984年、食生活指針が策定された後、健康への関心が高まっていた。10月にケロッグがアメリカ国立癌研究所 (NCI) に認定を受け自社製品に食物繊維の多い食品はある種のがんを予防すると表示した[29]。その後、他のメーカーもこれに追従し、このような表示が氾濫していった[29]。結果として、食物繊維を多く含むシリアル食品を食べる家庭を200万世帯増やした[29]。また連邦取引委員会 (FTC)は、食生活の改善が難しいと考えられた教育レベルが低い喫煙習慣のある女性に、こうしたシリアル食品の利用を増加させたと報告した[30]。
NCIによって2000万ドルの予算でがんを予防するために、フィトケミカルを特定して加工食品に加える目的で、デザイナーフーズ計画(designer foods project)が開始された[31]。 デザイナーフーズ計画では、がんに有効性のあると考えられる野菜類が40種類ほど公開された。その後、デザイナーフーズ計画はなくなった[32]。
1990年、栄養表示教育法(NLEA:Nutrition Labeling and Education Act)が策定され、食品やサプリメントと病気予防の関連について申請し、科学的根拠があると認可されたものに関しては、申請者でない場合も効能を表示できるようになった。
健康の自由運動(en:Health freedom movement)が活発になっていき、人々はサプリメントの使用の自由や効能に関する情報の自由な入手を訴えるようになった。効能表示は医薬品とみなされるよう規制され、また効能表示のためには医薬品を承認するレベルの認可が必要であれば、健康に対する自由が制限される。
1994年、栄養補助食品健康教育法(ディーシェイ、DSHEA:Dietary Supplement Health and Education Act)が制定されサプリメントの販売が管理されている。何らかの根拠があれば効能表示が可能となった。

1997年、FDA近代化法(FDAMA:Food and Drug Administration Modernization Act)が制定され、国家の研究機関か全米科学アカデミーの文献を根拠に申請し、病気のリスクが低減できることを表示できるようになった。1999年7月、FDAMAによって、51%以上の全粒穀物を含む製品にがんや心臓病のリスクを減らす可能性があると表示できるようになった[33]。1999年10月、FDAMAによって、6.25グラム以上の大豆たんぱく質を含む製品に、1日25グラム以上の大豆タンパク質を摂取すれば心臓疾患のリスクが減らせると表示できるようになった。
1999年、条件付き効能表示(QHC:Qualified Health Claims)、弱い科学的根拠がある場合にも但し書きした上で表示をしもていいこととなった。ピアソン対シャラーラの裁判によって、表示の禁止は言論の自由に違反すると判決が出たことによる。



けんこう-しょくひん ―かう― 5 【健康食品
健康増進に効果があるとして販売されている食品。

→特定保健用食品
「健康食品」に似た言葉≫

食品


時事用語のABC


健康食品(けんこうしょくひん)(health foods)
健康の増進のために販売されている食品

主にビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養素を補うための食品のこと。サプリメントのほか、ダイエット食品など多くの健康食品が市場に流通している。

健康食品には法令上の明確な定義がないので、特別な成分物質が含まれていない限り、通常の食品と同じように流通させることができる。




流通用語辞典


健康食品
日本人の健康に対する関心は非常に強く、健康関連市場は成長市場としての期待が大きい。その中でも、もっとも成長が期待されている分野は健康食品である。健康食品にはまだ明確な商品基準はないが、狭義には、ビタミン剤などの栄養補助食品と、いわゆる医薬の領域に近い健康食品をさす。広義には、これに健康志向食品とでも呼ぶにふさわしい、自然食品、ダイエット食品、栄養素添加食品、スポーツ食品などを加えたものをさす。

健康関連用語辞典


健康食品(ケンコウショクヒン)
健康増進に効果があるとして販売されている食品です。


 
   
  pukka
ワールドサプリメント通販 全体
今まで愛用していたサプリが販売終了になってしまい、あらゆるサイトを調べ回ってやっと見つけたのがこちらのサイトでした。他社サイトより安くて、購入金額によって送料も無料になるのでこちらのサイトで購入することにしました。また購入金額によってプレゼントまで頂けるということにもビックリ&感動しました(*゜Q゜*)


  まさる
ワールドサプリメント通販 全体
品物が豊富で何を買おうか迷ってしまいます。サプリメントは欠かせないのでこれから長く利用できるといいな、と思っています。


  はらだ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラいつも利用してます。やはりビタミンCとその他成分がパウダーで飲みやすいの出来に言ってます。いつも配送も早くて助かります。


  cicvarek
ワールドサプリメント通販 全体
ここしか手に入らないサプリメントなどで助かります。


  おおしま
ワールドサプリメント通販 全体
ワールドサプリさんの品揃えの良さや、質問や品切れ商品案内の対応の的確さで、安心して購入することができます。これからもサプリメント通販はワールドサプリさんを利用したいと思います。


  ささき
オーガニック(有機栽培) グリーンティー(緑茶)
 オーガニックの緑茶ってなかなかないですよね。ですので私はワールドサプリでそろえてます。毎日飲むものですから身体に優しい有機栽培の緑茶ものを選ぶようにしています。


  のぎく
ナチュラルベイクドカラーアイシャドーモカ
ベネコスのコスメ使ってます♪ナチュラルなところが気に入ってます。特にナチュラルベイクドカラー アイシャドー モカ (Benecos) 1.05 gはリピです。


  クリス
キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセル
 キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセルを愛用してます。滋養強壮という感じですかね。健康のために。以前より体が温かい気がします。


  にゃんこ
ハンプティードティー社 グリーンティー(緑茶)
ハンプティードティー社の緑茶は、毎日のんでます。毎日飲むものなのでオーガニックが安心だと思い、選んでます。緑茶は、風邪予防にも良いという情報がメルマガにもあったので、この冬風邪引かないようにリピです。


  かまいい
ワールドサプリメント通販 全体
注文した商品が欠品だったのですが、そのときの対応が、親切で迅速で素晴らしかった。


  ウイル
個別商品11252
レスベラトロール500mg セルラーエイジ デファイビング フォーミュラとってます。なかなかオーガニックのレスベラトロールってないですよね。有機栽培プラス含有量も500mgと多いので、とてもうれしいです。常に最良なものを求めるようにいしていますよ。


  高崎
個別商品3924
 コエンザイムQ10ジェルズ(Healthy Origins CoQ10 Gels) 100 mg 60 ソフトジェル安くて、2カ月も持つんでお買い得ですね。お肌の張りは変化した気がします。これからもリピートします。


   のの
にんにく、ニンニク、 ガーリック
ニンニクサプリは欠かさず取ってます。昔より風邪をひかなくなったような気がします。愛用してるのは、キョーリック 古にんにくエキス調合100湧永300カプセルですね。量もお得ですし。


  れい
ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培
寒く乾燥してきたので、唇がひび割れ易くなってきました。オーガニック素材のリップバーム使ってます。ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培唇軟膏)バニラビーン(Hurraw! Balm は甘い香りで、唇につけるので口に入れても安心という点で重宝してます。おすすめです。

  ななこ
個別商品80462
 寒く乾燥しているこの季節には、このビタミンE 12000 IU クリーム (Derma E)が手放せません。パラベンも入っておらず、自然の保湿がうれしいです。私の肌には格段の違いがありました。

  蔵人
ワールドサプリメント通販 全体
輸入品製品のメニューの豊富さと手続きの迅速な対応を評価している。


  忘年会
ターメリック(クルクミン)(Turmeric) (Curcumin)
やはり飲み過ぎにはウコンでしょう。やはり違いを感じますね。これから忘年会が多くなりお酒を飲む機会が増えるので、しっかり摂ろうと思います。


  東京酵素
個別商品2740
 このパパイヤ酵素無しではもう食事げできないくらいですね(笑)。身近な自然の酵素なので安心できます。


 
個別商品12896
分岐鎖アミノ酸(BCAA)カップス メガサイズ (Optimum Nutrition) 1000 mg 400 カプセルつかってます。持ち運びに便利だし、容量多いし、カプセルタイプで取り易いので重宝してます。


  nanoko
個別商品5616
グレートプレーンズ・ベントナイトデトックス(解毒)使ってます。液体なので使いやすいですね。アシドフィルスと合わせて使ってます。またリピしますね。


  北風 ワールドサプリメント通販 全体
 冷えてきたので、風邪対策のサプリをなにか用意して、取りたいと思います。よろしくお願いします。


  kuma ワールドサプリメント通販 全体
ほしいサプリメントは、サプリメント専門店で購入します。


  ともこ
ワールドサプリメント通販 全体
初めて注文しましたが、商品が多くて価格も安く助かりました。


  もっと多くの口コミを見る≫
フッター『サプリメント通販ショップ専門店』ワールドサプリ.JP