バラの実種油(ローズヒップシードオイル)(Rose Hip Seed Oil)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当

サプリメント通販ショップ専門店市場 > 精油(エッセンシャルオイル)、アロマ > バラの実種油(ローズヒップシードオイル)(Rose Hip Seed Oil)
 

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場
バラの実種油(ローズヒップシードオイル)(Rose Hip Seed Oil)


ローズヒップ(薔薇の実)(Rose Hips)(Rosehips)















バラの実種油(ローズヒップシードオイル)(Rose Hip Seed Oil)と健康


バラの実種油(ローズヒップシードオイル)(RoseHipSeedOil)」とは、
ヨーロッパなど幅広い地域で自生している、野生のバラ種から採取される油のこと。


現在商品化されているものの多くは南米のアンデス産のバラの種が使われている。
日本ではハマナスの実から採ることもできる。アロマテラピーのベースオイルとして使われることもある。


歴史のあるハーブオイルで、ヨーロッパでは古くから美容液として使われている。
オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸や、
ビタミンC、ベータカロチン、リコピンなどを豊富に含んでおり、
メラニン色素生成を防ぎシミやシワ、紫外線からの防御、
強い抗酸化作用により健康力を高めると言われている。


夜の洗顔後や入浴時などに使うとよいと言われる。


また、非常に酸化しやすいことから、保管には注意が必要で、
新鮮なものを買い求め、直射日光は避け、使用しないときには冷蔵庫などに入れておくことが望ましい。
中性で、敏感肌の人でも使うことができる。


また、近年では医療用としても注目されており、
確認されている。




バラの実種油(ローズヒップシードオイル)(Rose Hip Seed Oil)とは?


バラ(薔薇)とは、バラ科バラ属の種の総称。しかし、一般にはそれらから品種改良で作られた栽培植物を指す。薔薇と書いて「そうび」「しょうび」とも読む。

観賞用および香料原料に使われる。観賞用に品種改良されたものは香りの少ないものが多い。茨城県を始とし多くの自治体がシンボルとして指定している。6月の誕生花である。季語は夏(「冬薔薇」「ふゆそうび」となると冬の季語になる)。


生物学的な意味で
バラ属の植物は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘があるものが多い。葉は1回奇数羽状複葉。花は5枚の花びらと多数の雄蘂を持つ。ただし、園芸種では大部分が八重咲きである。北半球の温帯域に広く自生しているが、チベット周辺、中国の雲南省からミャンマーにかけてが主産地でここから中近東、ヨーロッパへ、また極東から北アメリカへと伝播した。南半球にはバラは自生していない。 世界に約120種がある。

そのうちで、園芸植物となっているのは、主として次の8種、およびそれらの交配等で生まれたものである。

Rosa multiflora
R. wchuraiana
R. moschata
R. chinensis
R. gigantea
R. galica
R. damascea
R. foetida

人類とバラの歴史

ヴィーナスの誕生
「マリー・アントワネットの肖像」(1783)。手にはバラを持っているバラが人類の歴史に登場するのは古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』である。この詩の中には、バラの棘について触れた箇所がある。

古代ギリシア・ローマでは香りを愛好され、香油も作られた。プトレマイオス朝エジプトの女王クレオパトラはバラを愛好し、ユリウス・カエサルを歓待したときもふんだんにバラの花や香油を使用した。

ローマにおいてもバラの香油は愛好され、北アフリカや中近東の属州で盛んにバラの栽培が行われた。

中世ヨーロッパではバラの芳香が「人々を惑わすもの」として教会によってタブーとされ、修道院で、薬草として栽培されるにとどまった。

イスラム世界では白バラはムハンマドを表し、赤バラが唯一神アッラーを表すとされた。また、香油などが生産され愛好された。『アラビアンナイト』などやウマル・ハイヤームの『ルバイヤート』にもバラについての記述がある。

十字軍以降中近東のバラがヨーロッパに紹介され、ルネサンスのころには人々の愛好の対象に再びなった。 イタリアのボッティチェッリの傑作「ヴィーナスの誕生」のおいてもバラが描かれ、美の象徴とされているほか、ダンテの『神曲』天国篇にも天上に聖人や天使の集う純白の「天上の薔薇」として登場する。またカトリック教会は聖母マリアの雅称として「奇しきばらの花」(Rosa Mystica)と呼ぶようになる。


バラの用途
鑑賞用とすることはもちろん、他にもダマスクローズの花弁から精油を抽出した「ローズオイル」は、香水の原料やアロマセラピーに用いられる。花弁を蒸留して得られる液体「ローズウォーター」は、中東やインドなどでデザートの香りづけに用いられる。乾燥した花弁はインドのガラムマサラに調合したり、ペルシア料理の薬味として用いる。農薬のかかっていない花弁はエディブルフラワーとして生食もできる。


バラの母ジョゼフィーヌ皇后

ジョゼフィーヌのバラの蒐集はバラの品種改良の基礎となった
ナポレオンの皇后ジョゼフィーヌはバラを愛好し、夫が戦争をしている間も、敵国とバラに関する情報交換や原種の蒐集をしていた。ヨーロッパのみならず日本、中国など、世界中からバラを取り寄せマルメゾン宮殿に植栽させる一方、ルドゥーテに「バラ図譜」を描かせた。

このころにはアンドレ・デュポンによる人工受粉による育種の技術が確立された。ナポレオン失脚後、またジョゼフィーヌ没後も彼女の造営したバラ園では原種の蒐集、品種改良が行われ、19世紀半ばにはバラの品種数は3000を超え、これが観賞植物としての現在のバラの基礎となった。


モダンローズの誕生

ハイブリット・ティ(HT)系の誕生
1867年にフランスのギョーがハイブリット・パーぺチュアル系の「マダム・ビクトル・ベルディエ」を母にティ系の「マダム・ブラビー」を交配し「ラ・フランス」を作出し、これがモダンローズの第一号となり、品種改良が一層進むことになった。「ラ・フランス」が冬を除けば一年中花を咲かせる性質は「四季咲き性」と言われ画期的なものであった。英国のベネットはこれに追随し、ティ系「デボ二エンシス」とハイブリット・パーペチュアル系「ビクトール・ベルディエ」を交配し、「レディ・マリー・フィッツウィリアム」を1882年に作り出し、これを新しいバラの系統として「ハイブリット・ティ」系と命名。ベネットの新品種は整った花容から交配の親として広く利用されていった。


黄色いバラの誕生

モダンローズ第1号「ラ・フランス」当時のハイブリット・ティ系には純粋な黄色の花はなかった。そこで、黄色のハイブリット・ティ系の品種を作り出すことが課題とされた。1900年にフランスのドュシェが「アントワーヌ・ドュシェ」の実生に原種の「ロサ・フェデダ(ペルシアン・イエロー)」をかけあわせて「ソレイユ・ドール」を作出。黄バラ第1号となった。しかし「ソレイユ・ドール」は「四季咲き性」がないので、一層の改良が加えられ1907年には四季咲き性の「リヨン・ローズ」、さらに1920年には完全な黄色のバラ「スブニール・ド・クロージュ」を完成させた。ドイツのコルデスは「スブニール・ド・クロージュ」の子の「ジュリアン・ポタン」から1933年に「ゲハイムラート・ドイスゲルヒ(ゴールデン・ラピチュア)」を作出。これが今の黄色のバラの親である。


欧米での品種改良の進展
ドイツのコルデスは黄色ののみならず赤バラの改良に尽力。1935年に「クリムゾン・グローリー」を作り出し、これが後世の赤バラの品種改良に広く利用されることになる。英国では1912年に「オフェリア」を発表、花容、芳香に優れるだけでなく実をつけ易いことから、多くの品種の親になる。このようなヨーロッパでの品種改良は第2次世界大戦で中断。品種改良の中心は戦火に見舞われないアメリカ合衆国に移る。1940年にラマーツが「クリムゾン・グローリー」から「シャーロット・アームストロング」を作り出し、フランスのメイアンの「アントワーヌ・メイアン」がアメリカで「ピース」と名づけられ1945年に売り出された。「ピース」は大きな花をつけることから、「巨大輪」とよばれ品種改良に利用されるともに、戦後のバラの流行を作り出すことになる。


フロリバンダ系(FL)の誕生

フロリバンダの品種の一つ「アンバークイーン」。一枝に房に花をつけるデンマークのポールセン兄弟が従来ある「ドワーフ・ポリアンサ系」の花を大きくし、北ヨーロッパの寒さに耐えれる品種の作出しようとしていた。1911年にポリアンサ系の「マダム・ノババード・レババースル」とランブラー系の「ドロシー・パーキンス」をかけ合わせ「エレン・ポールセン」を作り出し、続く1924年にはポリアンサ系の「オルレアンローズ」とハイブリット・ティ系「レッドスター」の交配で「エルゼポールセン」「キルステンポールセン」などを出し、「ハイブリット・ポリアンサ系」と命名された。これを受けてアメリカのブーナーなどが改良を続けこの系統は「フロリバンダ系」と命名される。さらにドイツのコルデスが1940年に「ピノキオ」を発表。ブーナーがこれに追随して「レッド・ピノキオ」「ラベンダー・ピノキオ」を発表しこれがフロリバンダ系の完成と言われる。その後フロリバンダ系の改良は色の多様性を求めることに重点がおかれ1944年にはドイツのタンタウが「フロラドラ」、1949年ブーナーが「マスケラード」を、1951年にコルデスが「インデペンデンス」が作出。新しい系統であるが「フロリバンダ系」は切花ではスプレーバラとして利用されるため多くの品種が作り出されることになり、またハイブりット・ティとの交配も試みられ、益々多様性を強めている。


ブルー・ローズへの挑戦
「青いバラ」はオールド・ローズの「カーディナル・ド・リシュリュー」などが「青のバラ」として知られていた。しかし、純粋な青さを湛えたバラを作り出すことは世界中の育種家の夢であり、各国で品種改良競争が行われた。1957年アメリカのフィッシャーが「スターリング・シルバー」を出し、「青バラ」の決定版といわれた。しかし、競争はやまず、1957年にはタンタウが一層青い「ブルームーン」を発表。それにコルデスが「ケルナーカーニバル」を出し、フランスのメイアンは「シャルル・ドゴール」を発表と熾烈な品種改良競争を展開。バイオテクノロジーの発展でバラには青の色素がないことが判明すると、「青いバラ」の作出は「遺伝子組み替え」などのバイオテクノロジーにゆだねられる。そして、青色色素であるデルフィニン/デルフィニジン(アントシアニン/アントシアニジンの一種)を作り出すために必要な酵素の遺伝子をパンジーから遺伝子導入することにより、成功したとサントリーが2004年6月30日に発表した。2007年以降に発売が予定されている。人工的に生み出された物故に、当初花言葉は、「不可能・有り得ない」であったが、開発が進みブルー・ローズの誕生を実現させた事から、新たに「奇跡」「神の祝福」という花言葉を設けられている。


ブルー・ローズ誕生に関わる歴史的出来事
1990年:サントリーとオーストラリアのバイオベンチャー企業カルジーンパシフィック社(現フロリジン社)の共同プロジェクトとして始まる。
1991年:青いペチュニアから青色遺伝子の取得に成功し、ペチュニアから青色遺伝子取得の特許が出願される。
1994年:ペチュニアの遺伝子を導入したバラを咲かせる事に成功。しかし、遺伝子は確かに入っているものの、カーネーションの場合にはうまく働いたペチュニアの青色遺伝子は、バラとの相性がよくなかったようで、残念ながら花弁にデルフィニジンは検出されず色は変化せずに終わる。そこで、今度は、いろいろな植物から青色遺伝子を取得し、それぞれをバラに導入。咲いても咲いてもデルフィニジンがないという状況がしばらく続く。
1995年:世界で初めての青色カーネーションが誕生。ペチュニアから取り出した青色遺伝子を組み込んで品種改良したもので、日本では97年より「ムーンダスト」として発売。
1996年:パンジーの青色遺伝子を入れたバラの開花に成功。
1998年:デルフィニジン含有率がアップ、青みを帯びた色合いに変化する。
1999年:やや青みを帯びたバラを得ることに成功、更に青さを追求し、デルフィニジンがより蓄積する工夫を行い、より多くの品種に遺伝子を導入。

日本におけるバラ

日本で作出されたバラの一つ「朝雲(あさぐも)」日本はバラの自生地として世界的に知られており、品種改良に使用された原種のうち3種類は日本原産である。

古くはバラは「うまら」「うばら」と呼ばれ、『万葉集』にも「みちのへの茨(うまら)の末(うれ)に延(ほ)ほ豆のからまる君をはかれか行かむ」という歌がある。『常陸国風土記』の茨城郡条には、「穴に住み人をおびやかす土賊の佐伯を滅ぼすために、イバラを穴に仕掛け、追い込んでイバラに身をかけさせた」とある。常陸国にはこの故事にちなむ茨城(うばらき)という地名があり、茨城県の県名の由来ともなっている。

このように日本人にはゆかりのある植物といえる。

江戸時代には身分を問わず園芸がはやったが、バラも「コウシンバラ」「モッコウバラ」などが栽培されおり、江戸時代日本を訪れたドイツ人ケンペルも「日本でバラが栽培されている」ことを記録している。また与謝蕪村が「愁いつつ岡にのぼれば花いばら」の句を残している。

また、ノイバラの果実は薬用に利用された。

このように日本人にゆかりのある植物であるが、バラがいまのように「花の女王」として愛好されるようになるのは明治以降である。

明治維新を迎えると明治政府は「ラ・フランス」を農業試験用の植物として取り寄せ青山官制農園(いまの東京大学農学部)で栽培させた。馥郁とした香りを嗅ごうと見物客がしばしば訪れたので株には金網の柵がかけられたという。

まだ、バラは西洋の「高嶺の花」であった。

その後、バラが接ぎ木で増やせることから、優秀な接ぎ木職人のいる、東京郊外や京阪神地域の郊外で栽培が行われるようになった。バラは華族や高級官僚といったパトロンを得て、日本でも徐々に愛好され始め生産量も増え始めた。

大正から昭和のころには一般家庭にも普及し、宮沢賢治が「グリュース・アン・テプリッツ(日本名:日光)」を愛し、北原白秋の詩にもバラが登場している。

第二次世界大戦で日本でもバラの栽培より野菜の栽培が優先され、生産が停滞する。

しかし、戦後すぐの1948年には銀座でバラの展示会が開かれた。さらに1949年には横浜でバラの展示会が開かれ、そのときにはアメリカから花を空輸して展示用の花がそろえられた。

鳩山一郎や吉田茂などのバラの愛好は、戦後日本でのバラの普及に大いに貢献した。このように戦後の高度成長の波に乗り、バラは嗜好品として庶民にも普及していき、日本でも品種改良が行われるようになった。また、鉄道会社が沿線開発の一環として、バラ園の造営を行うようになり、各地にバラ園が開園された。

日本ではバラは花卉としてはキク、カーネーション、とならぶ生産高があり、ハウス栽培で年中市場に供給されるようになった。

また、園芸植物としてのバラは、ハイブリット・ティの花のできばえを競う「コンテスト」などが、行われている。

その一方で最近ではガーデニングの流行などで、オールドローズなどが植栽素材に再び注を集め、多くの人に愛好されるようになった。


バラの種類

イングリッシュローズの名花「グラハム・トーマス」。オールドローズの花容に黄色の花色は画期的であったバラの分類方法は定まったものがなく、以下に示すのは一例である。


オールドローズ
1867年に発表された「ラ・フランス」より前の品種をいう。野生の原種であるワイルドローズを含めるが、含めない場合もある。主な系列としてガリカ、ダマスク、アルバ、ケンティフォリア(センティフォリア)などがある。優雅な花形に豊かな香りが特徴である。オールドローズには一季咲きの品種が多い。

モダンローズ
「ラ・フランス」以降のハイブリッド・ティー系、フロリバンダ系など。現在一般的に見られるもので、主として四季咲き性、華やかな花形と色彩が特徴である。

イングリッシュローズ
1969年にデビッド・オースチンが発表した、オールドローズとモダンローズの特徴を合わせ持つ新たな系列。モダンローズに含める場合もある。
このほか、樹形によってブッシュ(立木)、シュラブ(半つる性)、クライミング(つる性)などに分類する方法もある。また小型のものはミニチュアローズといわれそのコンパクトさは多くの人々を惹き付けている。花の形には、剣弁高芯咲き、ロゼット(多芯)咲き、カップ(盃状)咲き、一重咲き等その形状別に分類がなされ、バラを選ぶ際の重要な要素となっている。


系統別の分類

原種
原種・栽培原種
Species
ヨーロッパの原種
原種の一つロサ・カニナロサ・アルバ(Rosa alba )
ロサ・カニナ(Rosa canina)
ロサ・ガリカ(Rosa gallica)
ロサ・キナモメナ(Rosa chnamomea )
ロサ・ケンティフォリア(Rosa cettifolia)
ロサ・スピノシッシマ(Rosa spinosissma)
ロサ・ウィクライアナ(Rosa wichuraiana)
ほか

中近東の原種
ロサ・フェティダ(Rosa foetida)
ロサ・フェティダ・ビコロール(Rosa foetida bicolor )
ロサ・フェティダ・ペルシアナ(Rosa foetida perciana)
ロサ・フェイシコアナ(Rosa feicikoana)
ロサ・ダマスケナ(Rosa damascena)

モダンローズの典型、「パパ・メイアン」中国の原種
コウシンバラ(Rosa chinensis)
ナニワイバラ(Rosa liviegata)
ロサ・ギティア(Rosa gigantea)
ロサ・プリムラ(Rosa primula)
ロサ・ムルガニー(Rosa mulluganii)
ロサ・セリカナ・プテラカンサ(Rosa sericana pteracantha)
ロサ・ユゴニス(Rosa hugonis)
ロサ・バンクシアエ・ルテア(Rosa banksiae lutea)
ほか

日本の原種
イザヨイバラ(Rosa roxburghii)
サンショウバラ(Rosa roxburgii 'hirthua' )
タカネイバラ(Rosa aciculaisis nipponensis)
ノイバラ(Rosa mulitiflora)
テリハノイバラ(Rosa wichuraina)
ハマナス(Rosa rugosa) 英:Japanese Rose Rugosa Rose
サクライバラ(Rosa uchiyamana)
モリイバラ(Rosa jasminoidesu)
フジイバラ(Rosa fujisanesis)
ほか

北米の原種
ロサ・キネモエメア(Rosa cinemoemea)
ロサ・ニティダ(Rosa nitida)
ロサ・カリフォルニア(Rosa california)
ロサ・ヴィルギニアナ(Rosa virginiana)
ロサ・パルストリス(Rosa palustris)
ほか

品種改良に使用された原種
ロサ・ムルティフローラ(ノイバラ)(Rosa mulitiflora)
ロサ・ウィクライアナ(Rosa wichuraiana )
ロサ・キネンシス(Rosa chinensis)
ロサ・ガリカ(Rosa gallca)
ロサ・アルバ(Rosa alba)
ロサ・ダマスケナ(Rosa damacena)
ロサ・ケンティフォリア(Rosa centifola)
ロサ・フェティダ(Rosa foetida )
ロサ・モスカータ(Rosa mosscata)
ロサ・ギティア(Rosa gigantea)

以上11種


園芸品種
オールドローズ - 1866年以前に作出された園芸品種
オールドローズは優美な花立ちは魅力である(写真は「スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン」)アルバ(Alba)
ケンティフォリア(Centifolia)
ダマスク(Damask)
ガリカ(Gallica)
ガリカブルボン(Bourbon)
ノワゼット(Noisette)
ティ(Tea)
チャイナ(China)
モス(Moss)
ポートランド(Portland)
ポリアンサ(Polyanyha)
ランブラー(Rambler)
エグラテリア・ローズ(Eglanteria Roses)
ハイブリット・ミセラネアオス(H.Macrantha)
ハイブリット・パーペチュアル(H.Perpetual)
ハイブリット・ムスク(H.Musk)
ハイブリット・モエシー(H.MoyesiiI)
ハイブリット・センパビエレン(H.Semperviren)
ハイブリット。ムルティフローラ(H.Multiflora)
モダンローズ- 1867年以降に作出された園芸品種。
ハイブリットティの名花「イングリット・バーグマン」。剣弁高芯咲きである
ハイブリット・ティ(Hybrid Tea)
フロリバンダ(Floribunda)
ミニチュア(Miniature)
つるハイブリット・ティ(Climbing Hybrid Tea)
つるフロリバンダ(Climbing Floribunda)
つるミニチュア(Climbing Miniature)
つる(Climbing)
シュラブ(Shrub)
イングリッシュ・ローズ(English Roses)(シュラブに分類されことがある)
修景用(Landscape Roses)
ハイブリット・コルデシー(H.Kordesii)
など


花弁の数による分類

つるバラの「サリー・ホルムズ」。原種を親に持つ、一重咲きである一重咲き
半八重咲き
八重咲き

花型による分類
平咲き
カップ咲き
ロゼット咲き
クオーター咲き
ポンポン咲き
剣弁高芯咲き
半剣弁高芯咲き
丸弁抱え咲き

その他
シトクロムP450 - (青い花に必要な色素を作る酵素)
西武ドームイベント - 『国際バラとガーデニングショー』
静岡市清水区 - (旧・清水市、日本一のバラの生産量を誇る。)
ベルサイユのばら
マリア様がみてる - 劇中に登場する生徒会役員が、代々バラの品種名にちなんだ称号を冠する。
ああっ女神さまっ - 天使ゴージャスローズ
ローゼンメイデン
ハナちゃん(おジャ魔女どれみ) - 魔女界にある青いバラから生まれたという設定である。
つくばエクスプレス - 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス線(旧称:常磐新線)の名に因んで、石岡市で開発されたバラの品種。
大地真央 -(芸能生活30年を記念して「DAICHI MAO」というバラが作られた)
北出菜奈 -(薔薇好き)
最相葉月 -「青いバラ」
薔薇戦争
砂漠のバラ
ゴジラVSビオランテ - 怪獣・ビオランテは、バラと人間とゴジラの細胞とを組み合わせて誕生した。
ソーン - (Thorn;バラの棘)
「しらゆき べにばら」 - (グリム童話)
牡丹と薔薇 - テレビドラマ
ロゼット - 八重咲きのバラの花びらのような配列のこと。
薔薇族 - この雑誌のタイトルからバラが男性同性愛の象徴とされることもある。
YOSHIKI - 歌詞やモチーフにバラが多く登場する。
高島屋 - 1952(昭和27)年から包装紙の柄にバラを採用している。
玉屋 - 1925(大正14)年の佐世保玉屋設立時からバラをシンボルとしており、包装紙の柄にも長年バラを採用している。

慣用句
慣用句「青いバラ(the blue rose)」神の祝福の意
慣用句「under the rose」=秘密の意
慣用句「Run for the roses」=ケンタッキーダービーの意
きれいなバラには棘がある:外見が美しいのに気を取られると危険なに会う事がある




 
   
  pukka
ワールドサプリメント通販 全体
今まで愛用していたサプリが販売終了になってしまい、あらゆるサイトを調べ回ってやっと見つけたのがこちらのサイトでした。他社サイトより安くて、購入金額によって送料も無料になるのでこちらのサイトで購入することにしました。また購入金額によってプレゼントまで頂けるということにもビックリ&感動しました(*゜Q゜*)


  まさる
ワールドサプリメント通販 全体
品物が豊富で何を買おうか迷ってしまいます。サプリメントは欠かせないのでこれから長く利用できるといいな、と思っています。


  はらだ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラいつも利用してます。やはりビタミンCとその他成分がパウダーで飲みやすいの出来に言ってます。いつも配送も早くて助かります。


  cicvarek
ワールドサプリメント通販 全体
ここしか手に入らないサプリメントなどで助かります。


  おおしま
ワールドサプリメント通販 全体
ワールドサプリさんの品揃えの良さや、質問や品切れ商品案内の対応の的確さで、安心して購入することができます。これからもサプリメント通販はワールドサプリさんを利用したいと思います。


  ささき
オーガニック(有機栽培) グリーンティー(緑茶)
 オーガニックの緑茶ってなかなかないですよね。ですので私はワールドサプリでそろえてます。毎日飲むものですから身体に優しい有機栽培の緑茶ものを選ぶようにしています。


  のぎく
ナチュラルベイクドカラーアイシャドーモカ
ベネコスのコスメ使ってます♪ナチュラルなところが気に入ってます。特にナチュラルベイクドカラー アイシャドー モカ (Benecos) 1.05 gはリピです。


  クリス
キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセル
 キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセルを愛用してます。滋養強壮という感じですかね。健康のために。以前より体が温かい気がします。


  にゃんこ
ハンプティードティー社 グリーンティー(緑茶)
ハンプティードティー社の緑茶は、毎日のんでます。毎日飲むものなのでオーガニックが安心だと思い、選んでます。緑茶は、風邪予防にも良いという情報がメルマガにもあったので、この冬風邪引かないようにリピです。


  かまいい
ワールドサプリメント通販 全体
注文した商品が欠品だったのですが、そのときの対応が、親切で迅速で素晴らしかった。


  ウイル
個別商品11252
レスベラトロール500mg セルラーエイジ デファイビング フォーミュラとってます。なかなかオーガニックのレスベラトロールってないですよね。有機栽培プラス含有量も500mgと多いので、とてもうれしいです。常に最良なものを求めるようにいしていますよ。


  高崎
個別商品3924
 コエンザイムQ10ジェルズ(Healthy Origins CoQ10 Gels) 100 mg 60 ソフトジェル安くて、2カ月も持つんでお買い得ですね。お肌の張りは変化した気がします。これからもリピートします。


   のの
にんにく、ニンニク、 ガーリック
ニンニクサプリは欠かさず取ってます。昔より風邪をひかなくなったような気がします。愛用してるのは、キョーリック 古にんにくエキス調合100湧永300カプセルですね。量もお得ですし。


  れい
ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培
寒く乾燥してきたので、唇がひび割れ易くなってきました。オーガニック素材のリップバーム使ってます。ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培唇軟膏)バニラビーン(Hurraw! Balm は甘い香りで、唇につけるので口に入れても安心という点で重宝してます。おすすめです。

  ななこ
個別商品80462
 寒く乾燥しているこの季節には、このビタミンE 12000 IU クリーム (Derma E)が手放せません。パラベンも入っておらず、自然の保湿がうれしいです。私の肌には格段の違いがありました。

  蔵人
ワールドサプリメント通販 全体
輸入品製品のメニューの豊富さと手続きの迅速な対応を評価している。


  忘年会
ターメリック(クルクミン)(Turmeric) (Curcumin)
やはり飲み過ぎにはウコンでしょう。やはり違いを感じますね。これから忘年会が多くなりお酒を飲む機会が増えるので、しっかり摂ろうと思います。


  東京酵素
個別商品2740
 このパパイヤ酵素無しではもう食事げできないくらいですね(笑)。身近な自然の酵素なので安心できます。


 
個別商品12896
分岐鎖アミノ酸(BCAA)カップス メガサイズ (Optimum Nutrition) 1000 mg 400 カプセルつかってます。持ち運びに便利だし、容量多いし、カプセルタイプで取り易いので重宝してます。


  nanoko
個別商品5616
グレートプレーンズ・ベントナイトデトックス(解毒)使ってます。液体なので使いやすいですね。アシドフィルスと合わせて使ってます。またリピしますね。


  北風 ワールドサプリメント通販 全体
 冷えてきたので、風邪対策のサプリをなにか用意して、取りたいと思います。よろしくお願いします。


  kuma ワールドサプリメント通販 全体
ほしいサプリメントは、サプリメント専門店で購入します。


  ともこ
ワールドサプリメント通販 全体
初めて注文しましたが、商品が多くて価格も安く助かりました。


  もっと多くの口コミを見る≫
フッター『サプリメント通販ショップ専門店』ワールドサプリ.JP