プロバイオティクス(Probiotics)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当

サプリメント通販ショップ専門店市場 > プロバイオティクス(Probiotics)
 

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場
プロバイオティクス(Probiotics)



画像 パッド - pad 安定型 プロバイオティクス(Stabilized Probiotics)

画像 パッド - pad ナトレン(Natren)

パッド - pad
パッド - pad
画像 パッド - pad 乳酸菌(アシドフィルス)(Acidophilus)

画像 パッド - pad パッド - padフローラ プロバイオティクス(Flora Probiotics)

画像 液体プロバイオティクス(Liquid Probiotics)

画像 キョードフィルス アシドフィルス フォーミュラ(Kyo-Dophilus Acidophilus Formulas)

パッド - pad
パッド - pad
画像 パッド - pad デイリー ドフィルス 午前 / 午後 完全プロバイオティックシステム (Daily-Dophilus) ( AM/PM Complete Probiotic System ) Country Life 112 ベジタブルカプセル
パッド - pad室温でも安定!菜食主義者仕様 ザクロエキス、有機ブドウ皮配合
パッド - pad2,580円

画像 パッド - pad エンハンスド(強化)プロバイオティック システム((T) Enhanced Probiotic System (EPS)) Jarrow Formulas 60 ベジタリアン カプセル
パッド - pad室温でも安定! 菜食主義者仕様
パッド - pad2,010円

パッド - pad
パッド - pad
画像 パッド - pad バイオビーズ アシドフィルスコンプレックス(BioBeads) ( Acidophilus Complex ) Natrol 30 Beads
パッド - pad安定した乳酸菌
1,380円

画像 パッド - pad リバイタルX (新生命X)高性能プロバイトティック (RevitalX)( High-Potency Probiotic ) Natural Factors 60 ベジタブル カプセル
パッド - pad室温でも安定! 菜食主義者仕様
3,680円

バイオビーズ アシドフィルスコンプレックス(BioBeads) ( Acidophilus Complex ) Natrol 90 Beads
パッド - pad
安定した乳酸菌
3,260円


画像 pad ゲレート 8 ドフィルス(Gr8-Dophilus ( Great Dophilus )) Now Foods 60 エンテリック コーティング ベジタブルカプセル
pad室温でも安定!菜食主義者利用可能
pad1,720円

8,040円

             
             
 




プロバイオティクス(Probiotics)と健康


私の体の中にはプロバイオティクスがあります。

プロバイオティクスは沢山あり、このようなプロバイオティクスがしっかりと
正常に働いている事によって健康を保っています。


プロバイオティクスと言うのは、健康力と言われていますが、
プロバイオティクスの中には乳酸菌や善玉菌が含まれています。

またプロバイオティクスを含んでいる食品というと発酵食品が多く、
味噌や納豆、それから糠漬けなどが代表です。


このような食品は腐敗してしまう事が少なく、
腸までしっかり届いてくれるプロバイオティクスの一つとして知られています。


プロバイオティクスの働きが低下してしまうと、私たちは体調を崩してしまい、
病気になりやすい体となります。


主に動物性のプロバイオティクスとして挙げられるのは
ブルガリア菌やピロリ菌、ガセリ菌乳酸菌などがあります。


乳腺植物園のプロバイオティクスとしては植物性乳酸菌などが挙げられています。


このような成分を摂取する事によって私たちは常に健康な状態を保てるのですが、近年では食生活の乱れによって、プロバイオティクスを作り出すための成分の摂取が出来ていない人が多くなっています。


食品から摂取するのは難しいと言う場合は、サプリメントなどからも摂取する事が可能ですから、いつでも体内が、プロバイオティクスによって健康的に保たれるように気をつけていかなくてはなりません。

プロバイオティクスは人口的な成分では無く、私達の体内に元々存在している働きそのものですから、しっかりとした健康力を作り出すためにも可能な限り積極的に摂取していくようにしましょう。



プロバイオティクス(Probiotics)とは?



菌(ちょうないさいきん)とは、ヒトや動物のの内部に生息している細菌のこと。ヒトの内には一人当たり100種類以上、100兆個以上の内細菌が生息しており、糞便のうち、約半分が内細菌またはその死骸であると言われている。宿主であるヒトや動物が摂取した栄養分の一部を利用して生活し、他の種類の内細菌との間で数のバランスを保ちながら、一種の生態系(内細菌叢、内常在微生物叢、内フローラ)を形成している。内細菌の種類と数は、動物種や個体差、消化管の部位、年齢、食事の内容や体調によって違いが見られるが、その大部分は偏性嫌気性菌である。なお、その名称から内細菌の代表のように考えられている菌は、全体の0.1%にも満たない。

内細菌叢を構成している内細菌は、互いに共生しているだけでなく、宿主であるヒトや動物とも共生関係にある。宿主が摂取した食餌に含まれる栄養分を主な栄養源として発酵することで増殖し、同時にさまざまな代謝物を産生する。内細菌が発酵によって作り出したガスや悪臭成分がおならの一部になる。内細菌は、草食動物やヒトのような雑食動物において食物繊維を構成する難分解性多糖類を短鎖脂肪酸に転換して宿主にエネルギー源を供給したり、外部から侵入した原細菌が内で増殖するのを防止する感染防御の役割を果たすなど、宿主の恒常性維持に役立っている。しかし、管以外の場所に感染した場合や、の使用によって内細菌叢のバランスが崩れた場合には気の原因にもなる。



概要
ヒトをはじめ哺乳動物は、母親の胎内にいる間は、基本的に他の微生物が存在しない無菌の状態にある。生後3-4時間後には、外の環境と接触することによって、あるものは食餌を介して、あるものは母親などの近親者との接触で、あるものは出産時に産道で感染することによって、さまざまな経路で微生物が感染し、その微生物の一部は体表面、口腔内、消化管内、腔内、泌尿生殖器などに定着して、その部位における常在性の微生物になる。その多くは真正細菌であるため、一般には常在細菌と総称されることが多い。このうち消化管の下部にあたる、管内の常在細菌が内細菌である。

内細菌は多数の雑多な菌種によって構成され、一人のヒトの内には100種以上(一説には500種類とも言う)100兆個の内細菌が存在していると言われる。一般にヒトの細胞数は60-70兆個程度と言われており、細胞の数ではそれに匹敵するだけの内細菌が存在することになる。ただし細菌の細胞は、ヒトの細胞に比べてはるかに小さいため、個体全体に占める重量比が宿主を上回ることはない。しかし、それでも成人一人に存在する内細菌の重量は約1.5 kgにのぼるとされる。管内容物を見ると、内容物1gに100億個から1000億個(1010-1011個)の内細菌が存在しており、糞便の約半分は内細菌か、またはその死骸によって構成されている。


内細菌叢とその構成
ヒトや動物のは、摂取した食餌を分解し吸収するための器官であるため、生物が生育するのに必要な栄養分が豊富な環境である。このため、体表面や泌尿生殖器などと比較して、内は種類と数の両方で、最も常在細菌が多い部位である。この多様な細菌群は、消化管内部で生存競争を繰り広げ、互いに排除したり共生関係を築きながら、一定のバランスが保たれた均衡状態にある生態系が作られる。このようにして作られた生態系を内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼ぶ。なお、この系には細菌だけでなく酵母など菌類や、細菌に感染するファージなども混在してバランスを形成しているため、内常在微生物叢、内フローラ、内ミクロフローラなどという用語がより厳密ではあるが、一般にはこれらの細菌以外の微生物も含めて内細菌叢と呼ばれることが多い。

ヒトや動物が摂取した食餌は、口、食道、胃を経て、などの上部に到達し、その後、宿主に栄養分を吸収されながら、直へと送り出される。このため、消化管の場所によって、その内容物に含まれる栄養分には違いが生じる。また消化管に送り込まれる酸素濃度が元々高くないのに加えて、管上部に生息する内細菌が呼吸することで酸素を消費するため、下部に進むほど管内の酸素濃度は低下し、に至るころにはほとんど完全に嫌気性の環境になる。このように同じ宿主の管内でも、その部位によって栄養や酸素環境が異なるため、内細菌叢を構成する細菌の種類と比率は、その部位によって異なる。一般にの上部では内細菌の数は少なく、呼吸と発酵の両方を行う通性嫌気性菌の占める割合が高いが、下部に向かうにつれて細菌数が増加し、また同時に酸素のない環境に特化した偏性嫌気性菌が主流になる。

消化管の部位の違いによるヒト内細菌の数(内容物1gあたり)はおよそ以下の通りである。糞便に排出される菌の組成は、のものに類似している。

上部: 内容物1gあたり約1万(104)個。Lactobacillus属、Streptococcus属、Veionella属、酵母など。好気性、通性嫌気性のものも多い。
下部: 1gあたり10万-1000万(105-107)個。上部の細菌に由来の偏性嫌気性菌が混在。
: 1gあたり100億-1000億(1010-1011)個。ほとんどがBacteroides、Eubacterium、Bifidobacterium、Clostridiumなどの偏性嫌気性菌。上部由来の菌は105-107個程度。

ヒト糞便菌叢の年齢による変化:糞便1g中における菌の組成を示した。糞便菌叢の組成は下部の内細菌叢の組成を反映している。「内細菌科ほか」に含まれるものの一部を除き、そのほとんどが偏性嫌気性菌である。菌は内細菌科に含まれ、その菌数は糞便1gあたり100万個前後。これらの内細菌の組成には個人差が大きく、ヒトはそれぞれ自分だけの細菌叢を持っていると言われる。ただしその組成は不変ではなく、食餌内容や加齢など、宿主であるヒトのさまざまな変化によって細菌叢の組成もまた変化する。

例えば、母乳で育てられている乳児と人工のミルクで育てられている乳児では、前者では、ビフィズス菌などのBifidobacterium属の細菌が最優勢で他の菌が極めて少なくなっているのに対して、後者ではビフィズス菌以外の菌も多く見られるようになる。このことが人工栄養児が母乳栄養児に比べて、細菌感染や消化不良を起こしやすい理由の一つだと考えられている。

乳児が成長して離乳食をとるようになると、Bacteroides属やEubacterium属など、成人にも見られる嫌気性の内細菌群が増加し、ビフィズス菌などは減少する。さらに加齢が進み、老人になるとBifidobacterium属の数はますます減少し、かわりにLactobacillus属や内細菌科の細菌、ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)などが増加する。

内細菌はヒトだけでなく、消化管を有するさまざまな動物にも存在するが、その組成は動物種によって異なる。基本的にはいずれもBacteroides属などの偏性嫌気性菌が優勢であるが、ヒト、サル、ニワトリなどでは乳酸菌としてビフィズス菌の仲間が多いのに対して、ブタ、マウス、イヌなどでは乳酸桿菌(Lactobacillus)が多く、ネコ、ウサギ、ウシなどではどちらの乳酸菌も少ない。


善玉菌と悪玉菌
俗に、内細菌には善玉菌と悪玉菌とが存在し、前者は宿主の健康維持に貢献し、後者は害を及ぼすという考えが広まっている。前者は、ビフィズス菌に代表されるBifidobacterium属や、乳酸桿菌と呼ばれるLactobacillus属の細菌など乳酸や酪酸を作るものが多く、後者はウェルシュ菌に代表されるClostridium属の細菌など、悪臭のもととなるいわゆる腐敗物質を産生するものを指すことが多い。

この考えは1907年にイリヤ・メチニコフが発表した「ヨーグルト不老長寿論」に端を発している。メチニコフはさまざまな観点から老化の謎を解明しようと研究していたが、動物はを取り除いても生育可能であることから、内細菌の一部が「悪玉菌」として働き、内で発酵によって体に有害な腐敗物質を作り出し、それが体内に吸収されることがさまざまな疾患や老化の原因だと考えた。さらにヨーロッパ各地を遊説中に、長寿国であったブルガリアでヨーグルトが摂食されていることを見出し、そこから分離した「善玉菌」である乳酸菌(ブルガリア菌)によって内細菌を置換すれば、このような悪影響を取り除くことができ、老化を防止できると考えた。

このメチニコフの学説は後に否定され、今日の多くの科学者は、少なくともメチニコフのいうような単純な図式に対しては否定的な見方をしているが、その後の研究によって、内細菌と宿主であるヒトの共生関係が徐々に明らかになり、また内細菌叢のバランスの変化が感染や下痢などの原因になりうることが明らかになったことから、内細菌叢のバランスを変化させることによってヒトの健康改善につながるという考えが改めて支持されるようになった。

そこで生きたまま内に到達可能な乳酸菌(プロバイオティクス)や、内の「いわゆる善玉菌」が栄養源に利用できるが「いわゆる悪玉菌」は利用できない物質(オリゴ糖など、プレバイオティクス)を、製剤や機能性食品として用いることが考案され、多くの製品が開発・実用化されている。


宿主との関わり

宿主との共生



ビタミンKの合成
ビタミンKは食物からの摂取と並んで、幾つかの種類に属する複数内細菌によっても供給される。ビタミンKは凝固作用(止血)にも関係し、これが不足すると各種内出血といった欠乏が発生する。ヒト成人に於いては通常、内細菌による供給だけでも充分必要量を賄えるが、生まれたばかりのヒト新生児では、まだ充分に内細菌叢が形成されて居ないため、これを充分に生産出来ない事から、内出血(血便)などの異常が発生しやすく、またの投与により内細菌叢が損なわれた際には、同様に欠乏が発生し得る。

なおビタミンKはのカルシウム定着にも関係しており、不足する事で粗鬆の弊害も起き得るとされる。食品ではチーズや発酵食品の納豆等に豊富に含まれ、新生児を含む乳幼児では母乳などを介して摂取されている。


内細菌による気



歴史
内細菌の最初の発見は、微生物そのものが発見されたのと同時期に、レーウェンフックによって行われた。レーウェンフックは1674年から、自分で作製した顕微鏡を使って環境中のさまざまなものを観察し、細菌などの微生物を発見したが、彼はヒトや動物の糞便についても観察し、内細菌をスケッチしている。

1876年にロベルト・コッホが炭疽菌の純粋培養に成功したのをきっかけにさまざまな細菌が分離されるようになったが、当時のヨーロッパではコレラやチフスなどの消化器感染が流行しており、その患者から原菌を分離するときに同時に分離されてくる、健常者にも存在する常在菌として、菌(1885年)など、いくつかの内細菌科の細菌が分離同定された。しかしこの当時はまだ、酸素に触れると死んでしまう偏性嫌気性菌の存在についてあまり知られていなかったため、実際に培養できたのは内細菌の10%にも満たなかった。残りの大部分である、培養できない偏性嫌気性菌については、死んだ菌の残骸であると考えられていた。

1899年、パスツール研究所の研究員であったティリエは、母乳栄養児の糞便から偏性嫌気性菌であるビフィズス菌を分離した。この当時、母乳と人工乳のどちらが与えられるかによって新生児の発育や死亡率などに違いがあり、母乳栄養児の方が健康状態がよいということが知られていた。ティリエはこの違いを明らかにするために糞便中に分離される内細菌に着し、当時はまだ技術的に未熟であった嫌気培養法によってビフィズス菌の分離に成功して、母乳栄養児にこの菌が多く見られることを明らかにした。この発見によって、内細菌が宿主の健康に関与していることが注されるようになり、また20世紀初頭にかけて、多くの偏性嫌気性菌の分離が行われるようになった。

1904年、パスツール研究所の副所長に就任したイリヤ・メチニコフは、老化の原因は内細菌がで作り出す腐敗物質による中毒によるものだという、自家中毒説を提唱した。さらにこの予防のために、腐敗物質を作らない細菌で内細菌を置き換えることが有効であるとして、乳酸菌の一種を含むヨーグルトが的であるという説を「不老長寿論」という自著(1907年)で提唱した。メチニコフは1908年に、細胞性を発見し、食細胞説を提唱した功績でノーベル生理・医学賞を受賞したため、この学説も受賞とは無関係な研究であったものの脚光を浴びることになった。しかし、後にメチニコフが提示した乳酸菌(ブルガリア菌)はその大部分が胃で殺菌されてしまい、には到達しないことが明らかになり、また同時に、自家中毒説だけでは老化やさまざまな疾患発生が説明できないことも明らかになったため、この説は下火になった。

1950年頃、内細菌の役割について宿主との共生という観点からの研究が再び盛んになり、嫌気培養技術が大きく発展したことも手伝って、細菌叢調査法が発展し、その実態解明が進んだ。またメチニコフが提唱した自家中毒説ほど極端ではないものの、内常在微生物叢が宿主の健康に関与していることも次第に明らかになった。またメチニコフが提示したブルガリア菌以外の乳酸菌を用いることで、内に到達可能な醗酵乳製品が実用化され、プロバイオティクスやプレバイオティクスなど、内細菌バランスに介入することで健康維持を図ろうとする製剤、あるいは健康食品の開発が行われるようになった。

 
   
  pukka
ワールドサプリメント通販 全体
今まで愛用していたサプリが販売終了になってしまい、あらゆるサイトを調べ回ってやっと見つけたのがこちらのサイトでした。他社サイトより安くて、購入金額によって送料も無料になるのでこちらのサイトで購入することにしました。また購入金額によってプレゼントまで頂けるということにもビックリ&感動しました(*゜Q゜*)


  まさる
ワールドサプリメント通販 全体
品物が豊富で何を買おうか迷ってしまいます。サプリメントは欠かせないのでこれから長く利用できるといいな、と思っています。


  はらだ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラいつも利用してます。やはりビタミンCとその他成分がパウダーで飲みやすいの出来に言ってます。いつも配送も早くて助かります。


  cicvarek
ワールドサプリメント通販 全体
ここしか手に入らないサプリメントなどで助かります。


  おおしま
ワールドサプリメント通販 全体
ワールドサプリさんの品揃えの良さや、質問や品切れ商品案内の対応の的確さで、安心して購入することができます。これからもサプリメント通販はワールドサプリさんを利用したいと思います。


  ささき
オーガニック(有機栽培) グリーンティー(緑茶)
 オーガニックの緑茶ってなかなかないですよね。ですので私はワールドサプリでそろえてます。毎日飲むものですから身体に優しい有機栽培の緑茶ものを選ぶようにしています。


  のぎく
ナチュラルベイクドカラーアイシャドーモカ
ベネコスのコスメ使ってます♪ナチュラルなところが気に入ってます。特にナチュラルベイクドカラー アイシャドー モカ (Benecos) 1.05 gはリピです。


  クリス
キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセル
 キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセルを愛用してます。滋養強壮という感じですかね。健康のために。以前より体が温かい気がします。


  にゃんこ
ハンプティードティー社 グリーンティー(緑茶)
ハンプティードティー社の緑茶は、毎日のんでます。毎日飲むものなのでオーガニックが安心だと思い、選んでます。緑茶は、風邪予防にも良いという情報がメルマガにもあったので、この冬風邪引かないようにリピです。


  かまいい
ワールドサプリメント通販 全体
注文した商品が欠品だったのですが、そのときの対応が、親切で迅速で素晴らしかった。


  ウイル
個別商品11252
レスベラトロール500mg セルラーエイジ デファイビング フォーミュラとってます。なかなかオーガニックのレスベラトロールってないですよね。有機栽培プラス含有量も500mgと多いので、とてもうれしいです。常に最良なものを求めるようにいしていますよ。


  高崎
個別商品3924
 コエンザイムQ10ジェルズ(Healthy Origins CoQ10 Gels) 100 mg 60 ソフトジェル安くて、2カ月も持つんでお買い得ですね。お肌の張りは変化した気がします。これからもリピートします。


   のの
にんにく、ニンニク、 ガーリック
ニンニクサプリは欠かさず取ってます。昔より風邪をひかなくなったような気がします。愛用してるのは、キョーリック 古にんにくエキス調合100湧永300カプセルですね。量もお得ですし。


  れい
ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培
寒く乾燥してきたので、唇がひび割れ易くなってきました。オーガニック素材のリップバーム使ってます。ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培唇軟膏)バニラビーン(Hurraw! Balm は甘い香りで、唇につけるので口に入れても安心という点で重宝してます。おすすめです。

  ななこ
個別商品80462
 寒く乾燥しているこの季節には、このビタミンE 12000 IU クリーム (Derma E)が手放せません。パラベンも入っておらず、自然の保湿がうれしいです。私の肌には格段の違いがありました。

  蔵人
ワールドサプリメント通販 全体
輸入品製品のメニューの豊富さと手続きの迅速な対応を評価している。


  忘年会
ターメリック(クルクミン)(Turmeric) (Curcumin)
やはり飲み過ぎにはウコンでしょう。やはり違いを感じますね。これから忘年会が多くなりお酒を飲む機会が増えるので、しっかり摂ろうと思います。


  東京酵素
個別商品2740
 このパパイヤ酵素無しではもう食事げできないくらいですね(笑)。身近な自然の酵素なので安心できます。


 
個別商品12896
分岐鎖アミノ酸(BCAA)カップス メガサイズ (Optimum Nutrition) 1000 mg 400 カプセルつかってます。持ち運びに便利だし、容量多いし、カプセルタイプで取り易いので重宝してます。


  nanoko
個別商品5616
グレートプレーンズ・ベントナイトデトックス(解毒)使ってます。液体なので使いやすいですね。アシドフィルスと合わせて使ってます。またリピしますね。


  北風 ワールドサプリメント通販 全体
 冷えてきたので、風邪対策のサプリをなにか用意して、取りたいと思います。よろしくお願いします。


  kuma ワールドサプリメント通販 全体
ほしいサプリメントは、サプリメント専門店で購入します。


  ともこ
ワールドサプリメント通販 全体
初めて注文しましたが、商品が多くて価格も安く助かりました。


  もっと多くの口コミを見る≫
フッター『サプリメント通販ショップ専門店』ワールドサプリ.JP