ナットーキナーゼ(納豆菌酵素)(Nattokinase)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場






ナットーキナーゼ(納豆菌酵素)(Nattokinase)と健康


納豆には様々な栄養素が含まれる万能な食品であります。


日本人は古くから、この納豆に慣れ親しんで、健康を保ってきました。
納豆の栄養素と言えば、ネバネバの元となる酵素が
ナットーキナーゼ(納豆菌酵素)(Nattokinase)です。


このナットーキナーゼは、どのような効能があるのでしょうか。
ナットーキナーゼは、高血圧や中性脂肪に効果があり、
そして血液をサラサラにしてくれると言います。


低価格である納豆にこれほどまでの効能があるとは、大変驚きです。
このような理由で、健康に関するテレビ番組や雑誌で、
納豆が取りあげられる訳ですが、効率よくそしておいしく摂取するには、
どのようにすれば良いのでしょうか。


納豆には様々なレシピがありますが、特にお勧めなのが、納豆チャーハンです。


納豆とご飯と他に野菜があれば簡単に作れます。
キムチを入れてもおいしく食べられるでしょう。
他には、しらすやツナ缶なども相性抜群です。


しかし、納豆好きには何と言っても、
納豆ご飯が一番おいしく食べられるでしょう。


納豆が少し苦手という人は、サプリメントで摂取するのも一つの手法です。
このように、調理にひと工夫で、
おいしく健康的にナットーキナーゼを摂取することが出来るでしょう。






ナットーキナーゼ(納豆菌酵素)(Nattokinase)とは?


納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって醗酵させた、日本の食品。現在は、糸引き納豆の事を指す。

ヒマラヤ、中国雲南省から日本までの照葉樹林地帯にみられる食品であるが、日本における伝来経路は不明である。

とくに関東地方以北と南九州で好まれている。特有の匂いのためか、その他の地方(特に関西・四国地方)ではあまり消費されなかったが、製法や菌の改良などで臭いを少なくしたり、含まれる成分のうち「ナットウキナーゼ」の健康増進がテレビなどのメディアで伝えられるようになった結果、1990年代後半にはほぼ日本中で消費されるようになった。また、ビタミンKも豊富で、大豆由来のタンパク質も豊富であり現在でも重要なタンパク質源となっている。総務省統計局の全国物価統計調査の調査品に採用されているほどである。

また、外国人にとって、日本食の中の苦手とする代表的食べ物の一つであり、納豆菌が炭疽菌の仲間であることから「不用意に食べると感染に掛かる」という大きな誤解をしていた外国人もいた。

7月10日が「納豆の日」の日とされている。これは1981年関西での納豆消費拡大のため、関西納豆工業協同組合が7・10の語呂合わせで制定したもの。1992年、全国納豆工業協同組合連合会が改めて「納豆の日」を制定した。しかし納豆はもともと冬のもので季語ともなっていた。「納豆時」は冬である。7月10日を納豆の日とする根拠はない。



作り方
本来の納豆の作り方は、蒸した大豆を藁で包み、40度程度に保温し約1日ほど置いておくというもの。藁に付着している納豆菌の作用によって醗酵が起こり、納豆ができあがる。

近年は良質の藁を確保することが困難なこともあり、発泡スチロール容器や紙パックに個包装されて販売されるものが多数を占めている。この場合、蒸した大豆に純粋培養した納豆菌を混ぜ合わせ、容器に分けた状態で醗酵させるという方法が取られている。

納豆の糸の成分は納豆菌でできているため、大豆以外の食品でも納豆菌があれば納豆ができる


納豆と衛生面
苦手な人は納豆を指して「腐った煮豆」などと揶揄するケースも見られるが、納豆菌以外の有毒な菌類は製法上増殖できない。したがってこの場合腐敗ではなく醗酵として取り扱われる。納豆菌は通常、極めて耐熱性の高い芽胞となって藁に付着しており、100度で沸騰している湯に数分浸すと他の雑菌が煮沸消毒されて死滅し、納豆菌芽胞だけが生き残る。その後、37〜42℃に保つと芽胞から納豆菌が発芽し増殖を始める。更に旺盛な繁殖力で他の芽胞菌類より先に栄養となる物質を盛んに消費して、繁殖を阻む。

このことから、日本酒を作る際に、非常に熱に強く繁殖力も旺盛な納豆菌が原料米に混入すると、日本酒を醸す酵母よりも先に繁殖して酵母を駆逐してしまう。日本酒を仕込む酵母の仕込み期間中の食卓には、納豆は禁忌とされている所以である。

その一方で酸にはやや弱く、乳酸菌の活動によって生まれる乳酸によって活動が阻害される事がある。また技術開発の結果普及した匂いの弱いタイプの納豆では、活動がさほど活発ではない菌株が用いられており、これらは環境によって雑菌が繁殖する余地がある。また納豆菌の天敵として細菌寄生性のファージ・バクテリオファージがあり、ファージ活動後に雑菌が繁殖する事もありうる事から、賞味期限内の消費が望ましい。

ちなみに茹でた直後で納豆菌繁殖前の大豆には、他の菌類が付着・繁殖する可能性もあるため、納豆を生産する工場では他の食品加工工場同様に、衛生面での配慮が常になされている。

以上のように正しい環境で製造された納豆であれば、衛生面は基本的に問題ない。ただし、尿酸を多く含むため、血中の尿酸値が高い人は痛風予防のために避けたほうが無難である。


食べ方
最も典型的な食べ方はいわゆる納豆ご飯で、白米を炊いたご飯と、納豆を一緒に食べるもの。これは醤油や和ガラシを加えてかき混ぜ、粘性のある糸が現れてから食べるのが一般的。鶏卵やウズラの卵、ネギ、ミョウガ、大根おろし、鰹節など、様々な食品を混ぜて食べることも多い。北海道・東北地方の一部では砂糖を混ぜて食べる人もいる。最近はマヨネーズを混ぜる人もいる。地方によっては、ご飯にかけずに納豆だけを食べる人もいる。

納豆をかき混ぜる際には、先に一度良くかき混ぜてから醤油やタレを加え、もう一度かき混ぜるのがおいしい食べ方とされる。これは、先にタレなどを加えると水分過多となってしまい、グルタミン酸(旨味成分)を含む粘りがあまり出なくなってしまうからである。また、ネギやからしを加えると納豆のアンモニア臭を抑えるがあり、優れた薬味といえる。ネギやからしを途中で加えずに、最後に少しだけ載せたほうがおいしいという人もいる(蕎麦のネギやわさびと同様)。

まれに、和風スパゲッティのトッピング、お好み焼きの具、カレーライスにかけるなどとしても用いられる。また納豆を叩き刻んで味噌汁に入れた納豆汁は、江戸時代までは納豆ご飯よりも普通に食卓に上っていた。

納豆は加熱することで匂いが強くなるので、好みが分かれるところである。ただし納豆天ぷらなどになると、調理中にあらかたの匂いが飛んでしまうのに加え、衣で抑えられることによってむしろ食べやすくなる。


工業的に製造された現代の納豆
販売形態
近年では減っているが、「納豆売り」と呼ばれる行商人が納豆を売り歩くこともあった。売り声は「なっと〜〜、なっと〜〜ィ(語尾をあげる)」というものであった。

現在では主にスーパーマーケットの食料品売り場などで販売されている。

伝統的な包装方法は、製造方法として述べた藁をそのまま容器として販売するものであるが、現在では1960年代に普及した発泡スチロール容器に、タレと和カラシの小パックが付いているものが流通面で効率的なことなどから広く受け入れられ、一般的となっている。この容器は積み重ねられる形状になっており多くは3つを1セットとして売られているほか、そのままかき混ぜて糸を引くことができるように、底に凹凸が付けられるなどの工夫もなされている。

発泡スチロール容器の普及は納豆の消費拡大に大きく貢献したが、その一方で藁に比べると通気性が悪く、また納豆の臭い成分を吸着しにくいために、納豆独特の臭いがこもって強くなる傾向がある。この影響による風味の違いや、藁の持つ「自然食品」的なイメージを期待して、昔ながらに藁を用いた包装もごく一部の高級品や自然志向の商品に残っている。


バリエーション

干し納豆

干し納豆茨城県特産。納豆を天日干しすることにより長期保存可能にした「干し納豆」も存在する。なお納豆を乾燥させても納豆菌は死滅しない。

元来は保存食であったとされるが、現在は納豆の入手できない海外へ旅行に行く際に持っていくケースがあるという。

食べ方としてはそのまま食べるほか、湯につけてもどす、お茶漬けにするなどがある。


そぼろ納豆
茨城県特産。おぼろ納豆、しょぼろ納豆とも呼ぶ。納豆に切り干し大根、たれを混ぜた物。そのまま酒のつまみとして食べたり、ご飯にかけて食べたりする。


糸引き納豆と塩辛納豆(寺納豆)
現在では、納豆といえば、納豆菌を醗酵させたいわゆる糸引き納豆を指すが、その他にも麹菌を醗酵させた後乾燥させてから熟成した塩辛納豆(寺納豆)と呼ばれる納豆がある。麹菌納豆は古代中国(紀元前2世紀頃)からの遺跡等から出土しており日本にはおそらく奈良時代頃に伝来した?(し、日本ではくきと読まれ久喜の字もあてられていた)と考えられている塩?(後の塩辛納豆)と淡?(平安以降歴史から姿を消す)との二種類がありそのままではなく調味料として使われていた。平安時代の文献にも塩辛納豆の名は残っているが、一般に広まったのは室町時代以降でこの頃から糸引き納豆も登場しており区別するために塩辛納豆を久喜と呼び糸引き納豆を単に納豆と呼ぶようになった。またこの頃北宋・南宋に渡航した僧が再度持ち帰り広めたことから寺納豆とも呼ばれるようになり、今でも京都府の大徳寺納豆・天竜寺納豆や静岡県浜松市の浜納豆(浜名納豆)などが作り続けられている。


甘納豆
甘納豆は1857年(安政4年)に栄太楼が開発した和菓子で、ここまで述べてきた醗酵食品の納豆とは全く別物である。当初は浜名納豆(浜納豆)に似せて甘名納糖と名づけられた。名前が簡略化されて甘納豆と呼ばれるようになったのは戦後のことである。大阪では、納豆と言えば甘納豆を指す場合もある。

そのほかに、山形県酒田市の塩納豆、熊本県の金山寺納豆などローカル色に富んだ納豆もある。


地域別状況
秋田県仙北郡美郷町 - 「納豆発祥の地」の碑がある。ヤマダフーズの本社工場があり、東北随一の出荷量を誇る。
茨城県水戸市 - 明治以降、産地としてもっとも知られている。毎年3月10日に「納豆早食い大会」が開催されている。
熊本県 - 九州では例外的に古くから普及している。これは、加藤清正が朝鮮出兵の際濡れた大豆を馬に積んでいたのが馬の高い体温で発酵し納豆になったとの言い伝えがあるからだとされる。全国規模の納豆製造会社がありスーパーマーケットで普通に売られていて、消費量も多い。
一般に消費量は東日本(特に北関東〜南東北。ちなみに生産量日本一は茨城県だが、消費量日本一は福島県である)が多く、西日本(特に近畿)ではあまり食べる習慣がないとされる。ただし冒頭のように、近年は関西地方でもスーパーなどで10銘柄程度の商品が普通に売られ、陳列スペースもほとんど関東と変わらなくなっている。


主な納豆メーカー
道南平塚食品(道産納豆、北海道登別市)
オシキリ食品(北海道納豆、北海道江別市)
富士食品(北海道富良野市)
太子食品工業(青森県三戸郡三戸町)
黒石納豆(青森県黒石市)
巖手屋(岩手県二戸市)
ヤマダフーズ(秋田県仙北郡美郷町)
だいもんじ食品(福島県福島市)
タカノフーズ(おかめ納豆、茨城県小美玉市)
くめ・クオリティ・プロダクツ(くめ納豆、茨城県常陸太田市)
笹沼五郎商店(茨城県水戸市)
アイザワ食品(茨城県取手市)
菊水食品(茨城県日立市)
天狗納豆(茨城県水戸市)
あづま食品(栃木県河内郡河内町)
天野屋 (芝崎納豆、東京都千代田区外神田)
ミツカン(金のつぶ、愛知県半田市)
奥野食品(東京納豆、三重県松阪市)
旭松食品(なっとういち、大阪市淀川区)
エイショク(広島納豆、広島県広島市)
マルキン食品(熊本県熊本市)
丸美屋(熊本県玉名郡和水町)


 
   
  pukka
ワールドサプリメント通販 全体
今まで愛用していたサプリが販売終了になってしまい、あらゆるサイトを調べ回ってやっと見つけたのがこちらのサイトでした。他社サイトより安くて、購入金額によって送料も無料になるのでこちらのサイトで購入することにしました。また購入金額によってプレゼントまで頂けるということにもビックリ&感動しました(*゜Q゜*)


  まさる
ワールドサプリメント通販 全体
品物が豊富で何を買おうか迷ってしまいます。サプリメントは欠かせないのでこれから長く利用できるといいな、と思っています。


  はらだ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラ
エマージェンC ジョイントへルスフォーミュラいつも利用してます。やはりビタミンCとその他成分がパウダーで飲みやすいの出来に言ってます。いつも配送も早くて助かります。


  cicvarek
ワールドサプリメント通販 全体
ここしか手に入らないサプリメントなどで助かります。


  おおしま
ワールドサプリメント通販 全体
ワールドサプリさんの品揃えの良さや、質問や品切れ商品案内の対応の的確さで、安心して購入することができます。これからもサプリメント通販はワールドサプリさんを利用したいと思います。


  ささき
オーガニック(有機栽培) グリーンティー(緑茶)
 オーガニックの緑茶ってなかなかないですよね。ですので私はワールドサプリでそろえてます。毎日飲むものですから身体に優しい有機栽培の緑茶ものを選ぶようにしています。


  のぎく
ナチュラルベイクドカラーアイシャドーモカ
ベネコスのコスメ使ってます♪ナチュラルなところが気に入ってます。特にナチュラルベイクドカラー アイシャドー モカ (Benecos) 1.05 gはリピです。


  クリス
キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセル
 キョードフィラス ( Kyo Dophilus ) 湧永360カプセルを愛用してます。滋養強壮という感じですかね。健康のために。以前より体が温かい気がします。


  にゃんこ
ハンプティードティー社 グリーンティー(緑茶)
ハンプティードティー社の緑茶は、毎日のんでます。毎日飲むものなのでオーガニックが安心だと思い、選んでます。緑茶は、風邪予防にも良いという情報がメルマガにもあったので、この冬風邪引かないようにリピです。


  かまいい
ワールドサプリメント通販 全体
注文した商品が欠品だったのですが、そのときの対応が、親切で迅速で素晴らしかった。


  ウイル
個別商品11252
レスベラトロール500mg セルラーエイジ デファイビング フォーミュラとってます。なかなかオーガニックのレスベラトロールってないですよね。有機栽培プラス含有量も500mgと多いので、とてもうれしいです。常に最良なものを求めるようにいしていますよ。


  高崎
個別商品3924
 コエンザイムQ10ジェルズ(Healthy Origins CoQ10 Gels) 100 mg 60 ソフトジェル安くて、2カ月も持つんでお買い得ですね。お肌の張りは変化した気がします。これからもリピートします。


   のの
にんにく、ニンニク、 ガーリック
ニンニクサプリは欠かさず取ってます。昔より風邪をひかなくなったような気がします。愛用してるのは、キョーリック 古にんにくエキス調合100湧永300カプセルですね。量もお得ですし。


  れい
ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培
寒く乾燥してきたので、唇がひび割れ易くなってきました。オーガニック素材のリップバーム使ってます。ナチュラルオーガニックリップバーム(自然有機栽培唇軟膏)バニラビーン(Hurraw! Balm は甘い香りで、唇につけるので口に入れても安心という点で重宝してます。おすすめです。

  ななこ
個別商品80462
 寒く乾燥しているこの季節には、このビタミンE 12000 IU クリーム (Derma E)が手放せません。パラベンも入っておらず、自然の保湿がうれしいです。私の肌には格段の違いがありました。

  蔵人
ワールドサプリメント通販 全体
輸入品製品のメニューの豊富さと手続きの迅速な対応を評価している。


  忘年会
ターメリック(クルクミン)(Turmeric) (Curcumin)
やはり飲み過ぎにはウコンでしょう。やはり違いを感じますね。これから忘年会が多くなりお酒を飲む機会が増えるので、しっかり摂ろうと思います。


  東京酵素
個別商品2740
 このパパイヤ酵素無しではもう食事げできないくらいですね(笑)。身近な自然の酵素なので安心できます。


 
個別商品12896
分岐鎖アミノ酸(BCAA)カップス メガサイズ (Optimum Nutrition) 1000 mg 400 カプセルつかってます。持ち運びに便利だし、容量多いし、カプセルタイプで取り易いので重宝してます。


  nanoko
個別商品5616
グレートプレーンズ・ベントナイトデトックス(解毒)使ってます。液体なので使いやすいですね。アシドフィルスと合わせて使ってます。またリピしますね。


  北風 ワールドサプリメント通販 全体
 冷えてきたので、風邪対策のサプリをなにか用意して、取りたいと思います。よろしくお願いします。


  kuma ワールドサプリメント通販 全体
ほしいサプリメントは、サプリメント専門店で購入します。


  ともこ
ワールドサプリメント通販 全体
初めて注文しましたが、商品が多くて価格も安く助かりました。


  もっと多くの口コミを見る≫