キャッサバルート(根)(Cassava Root)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当
 

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場

キャッサバルート(根)(Cassava Root)




キャッサバルート(根)(Cassava Root)と健康


数年前にとても流行ったデザートといえばタピオカがありますが、
タピオカというのは、キャッサバという植物の根の部分から抽出されるデンプンが主な原料となっています。
キャッサバの根の部分のことをキャッサバルートといいますが、キャッサバルートにはたくさんのカリウムが含まれているので、
健康解毒作用があります。


毎朝起きた時に顔がむくんでいたり、
仕事に出かけて帰宅する頃になると足がむくんでしまうという人は体内の代謝が悪くなっていて、
老廃物が溜まりやすくなってしまっています。


そういった場合にはカリウムを摂取する事が良いと言われていますが、
単純にカリウムのサプリメント等を摂取してしまうと反対に利尿が高くなってしまい、
水分不足になってしまうようなこともあります。


いつまでもむくみの状態が続くと循環が悪くなってしまうので、
身体が冷えやすくなったりすることもあり、特に女性の場合には気をつけなければなりません。


また、むくみが起きてしまうことによって体の中にはどんどん老廃物が蓄積されてしまいますから、
肥満の原因にもなるし、様々な健康阻害の原因にもつながってしまいます。


カリウムを含んでいる植物というのはとても少ないので、キャッサバルートのサプリメントというのは貴重だと思います。


食品からカリウムを摂取するというのはとても難しく、
カリウムをたくさん含んでいる食品は少ないですから食事で補うというのはなかなかできる事ではありません。


そんな時に、キャッサバルートのサプリメントは本当に役立ってくれますから毎日飲むように習慣づけておくと良いと思いますよ。






キャッサバ (cassava) は、フウロソウトウダイグサ科イモノキ属の熱帯低木。 芋はタピオカの原料であり、世界中の熱帯にて栽培される。葉は5〜10小葉からなり、茎は垂直に立ち上がる。茎の根元にはゆるい同心円を描いて数本の芋(根)が付く。芋は両端が尖った細長い形状である。

品種
大きく分けて、苦味種と甘味種がある。 苦味種は、シアン化合物を多く含むが、大きな塊根をつくるため、デンプン製造用として栽培される。 甘味種は、外皮にシアン化合物を含むため、蒸かしたり茹でたりすれば、そのまま食用にされる。味と食感は甘味の少ない甘藷によく似ている。


生産
2002年時点の全世界の生産量は1億8000万トンである。州別ではアフリカ州が1/2強、アジア州が1/4強を占め、残りが南アメリカ州である。

ナイジェリア 18.7%
ブラジル 12.5%
タイ 9.1%
インドネシア
コンゴ民主共和国(旧ザイール)
ガーナ
インド
タンザニア
アンゴラ
モザンビーク
上位10カ国の気候区分はほとんどがケッペンの気候区分でいう熱帯のサバナ気候 (Aw) 、インドネシアのみ熱帯雨林気候 (Aw) である。アンゴラ南部のように温暖冬季少雨気候 (Cw) の地域では栽培されていない。

他のイモ類と比較すると、同年におけるジャガイモの全世界生産量は3億1000万トン、サツマイモは1億4000万トン、ヤムイモは4000万トン、タロイモは900万トンである(以上の統計数値は、FAO Production Yearbook 2002による)


歴史
キャッサバはマニオク(マンジョカ)とも呼ばれブラジル原産である。このため、現在でもブラジルの生産量は世界2位である。

17世紀に奴隷貿易が盛んになると、アフリカから新大陸までの月単位を要する輸送期間、奴隷を船内で生かしておく必要があった。ブラジルを支配していたポルトガル人は栽培が容易なキャッサバを奴隷貿易用の食料として採用、アフリカを中心に全世界に広めた。日系移民が米の栽培に成功するまでの長い間、ブラジル人の主食といえばマンジョカだった。現在でもブラジル人の食生活には欠かせない食材である。



フッター『サプリメント通販ショップ専門店』ワールドサプリ.JP