カンファー(樟)オイル(油)(精油)(Camphor oil)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当

サプリメント通販ショップ専門店市場 > 精油(エッセンシャルオイル)、アロマテラピー > カンファー(樟)(Camphor)

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場

カンファー(樟)オイル(油)(精油)(Camphor oil)


カンファー(樟)エッセンシャルオイル(精油) (Now Foods Camphor Oil) 1 fl oz
820円

980円

パッド - pad
パッド - pad
パッド - pad



カンファー(樟)オイル(油)(精油)(Camphor oil)と健康



カンファーという植物はクスノキ科でアロママイルとしてよく使われています。


カンファーオイルの効果というのはどのようなものかというと、
まずズムースな呼吸の働きなどを助けとなると言われています。


それから疲れを感じてしまう乳酸の分解をしてくれるような働きを持っています。


殺菌、消炎作用も持っていますから、
お肌にトラブルが起きてしまっている人がカンファーオイルを使っている
スキンケア商品などを付けてあげることによって、キレイに収まると言われています。


ストレスがたまっていたり、寝不足が続いていたりすると集中力が散漫になってしまいますよね。
その時にカンファーオイルのによって集中力が高まると言われています。


疲れが溜まりにくくしてくれるような働きがありますから、
毎日継続して摂取しておくことによって、疲れを感じないで元気でいることができますね。


知らず知らずのうちに疲れが溜まってしまっている状態をそのままにしてしまうと
良くありませんから、きちんと疲労回復をおこなっておきたいと思っている人にはおすすめです。





カンファー(樟)オイル(油)(精油)(Camphor oil)とは?


樟(しょうのう)とは分子式 C10H16O で表される二環性モノテルペンケトンの一種。カンフルあるいはカンファー (camphor) と呼ばれることもある。IUPAC命名法による系統名は 1,7,7-トリメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オン、また、母格のボルナンが同命名法における許容慣用名であるため、そこからボルナン-2-オン (bornan-2-one)、2-ボルナノンなどの名称が誘導される。ほかの別名は、1,7,7-トリメチルノルカンファー、2-カンファノン、2-カンフォノン、またはカラドリル。


性質と存在
樟は融点 180 ℃、沸点 208 ℃ の白色半透明のロウ状の昇華性結晶であり、強い刺すような香りを持つ。クスノキの精油の主成分であり、他にも各種の精油から見出されている。クスノキはアジア、特にボルネオに産することから、樟の別名の起源となっている。


製造
クスノキの葉や枝などのチップを水蒸気蒸留すると結晶として得ることができる。化学合成品はマツの精油などから得られる α-ピネンより合成される。

クスノキの中に含まれている樟は D体だが、化学合成されたものはラセミ体である。


用途
主に外用医薬品の成分として使用されている。かつては強心剤としても使用されていたため、現在でも駄になりかけた物事を復活させるために使用される手段を比喩的に「カンフル剤」と呼ぶことがある。その他にも香料の成分としても使用されている。 また人形や衣服の防虫剤、また防腐剤、花火の添加剤としても使用されている。樟はから容易に吸収され、そのときにメントールと同じようなスーッとする感じをもたらし、わずかに局部麻酔のような働きがある。しかし、飲み込んだ場合には有毒であり、発作、精神錯乱、およびとの障害の原因になりうる。

また、かつてはセルロイドの可塑剤として非常に大量に使用されていた。日本は台湾においてクスノキのプランテーションを経営していたため、20世紀はじめには世界最大の生産国であった。しかし1920年代に入ると化学合成品が開発されて押されるようになり、やがてセルロイドに代わるプラスチックが出現してこの用途はほとんど無くなった。

樹木由来ではあるが樟でない物質が、ときとして誤って樟として販売されていることがある。

日本ではかつて日本専売公社によって専売されていた。
フッター『サプリメント通販ショップ専門店』ワールドサプリ.JP