アップル(リンゴ)(りんご)(Apple)

『サプリメント通販ショップ専門店』最安値に挑戦!35,000点越えのサプリ ワールドサプリ.JP
送料 もれなく、もらえるプレゼント
25,000円以上 → 送料無料 48,000円以上              ⇒ 5,000円相当
15,000円以上 → 全国一律490円 36,000円以上、48,000円未満 ⇒ 3,600円相当
15,000円未満 → 全国一律980円 24,000円以上、36,000円未満 ⇒ 2,600円相当
関税なし!当社負担! 18,000円以上、24,000円未満 ⇒ 1,800円相当
 商品の到着はご入金を確認後、通常3〜7日程度となります。 12,000円以上、18,000円未満 ⇒ 1,200円相当
 

商品を探す

無料メールマガジン
1分間健康情報

1万5千人以上が登録済み!購読を希望される方はメールアドレスを入力し、登録ボタンをクリックしてください。

発行周期:毎週 バックナンバー≫

メルマガ相互紹介・広告

初めての方へ

関心の高いトピック


お問い合わせ

E-Mail:info@worldsuppli.jp

お電話:044-819-5929

吹き込み専用電話となりますので、ご返信先のお名前、電話番号、ご用件を残して下さい。3営業日以内に弊社から追ってご連絡させていただきます。

お急ぎの場合には、Eメールをご利用下さい。


※お電話、メール、FAXでも

注文を承っております。

どうぞお気軽にご連絡ください。

サプリメント通販ショップ専門店市場

アップル(リンゴ)(りんご)(Apple)






リンゴの健康利用



アップルリンゴというと、風邪を引いてしまった時や、体調が悪い時、
食欲がないときなどに活躍する事も多い果物です。



そのためお世話になったことがある人も非常に多いと思います。
そんなリンゴですが、非常に細かい部分までその意味が含まれている食品と言えます。
これはどのようなことかというと、
リンゴの味ひとつひとつに栄養効果があるということになります。



リンゴは甘いですがその中に酸味があるものです。
この酸味がまたリンゴの健康的な部分を支えていると言えるでしょう。
酸味によって血液などがきれいになっていき、
腸内もキレイにしてくれるなどの洗浄効果を期待することができます。



同時に体の機能の維持を助けてくれたり、
いらないものを排出してくれる助けをしてくれることもあります。



おなかにも優しいことは有名であり、
これはただ優しいだけでなくお通じの不調などの予防にも働いてくれるものです。
風邪などを引いてしまい、
体の機能が衰えている時にはリンゴは非常に体にとって大きな助けとなってくれます。



リンゴの魅力は栄養にもありますが、なんと言っても食べ方が豊富にあることが一番でしょう。
摩り下ろしておいしく食べることができる果物といえば、
一番最初に思いつくのがリンゴでしょう。



そのほかにも煮たり、焼いたりしてもおいしく食べることができることでしょう。
これもまた体調に合わせて活用を変えていけることに大きく役立っていると言えます。
リンゴは健康を作ってくれる偉大な健康食品でしょう。




リンゴとは?



リンゴ(林檎)は、バラ科りんご属に属する樹木、またはその果実。学名は Malus pumila var. domestica。

沖縄以外すべての県で栽培されている。



植物学上の特徴
原産地はカザフスタン南部、キルギスタン、タジキスタン、中国の新疆ウイグル自治区など中央アジアの山岳地帯、コーカサスから西アジアにかけての寒冷地だといわれている。現在日本で栽培されているものは、明治時代以降に導入されたもの。 害抵抗性、食味、収量などの点から品種改良が加えられ、現在7500以上の品種が栽培されている。亜寒帯、亜熱帯及び温帯で栽培可能だが、暑さに弱いため熱帯での栽培は難しい。


リンゴの花リンゴの木は落葉高木で4月 - 5月ごろに白い5弁花が開花する。リンゴの果実は直径約3 - 15センチメートル、重さ約35 - 1000グラムで、赤や緑色。

ポリフェノールの働きで、リンゴを食べることは人間にとっては作用などにより老化を抑制する働きがあるといわれている。


栽培法と品種

栽培法
リンゴには果実に袋をかける有袋栽培とかけない無袋栽培がある。無袋の方が日光が多くあたり味がよくなる傾向があるが、有袋の方が果実が傷つきにくくきれいになる。名称の頭に「サン」が付くリンゴは無袋で栽培されたことを示す。着色には日光が大きな役割を果たすため、果実の日当たりをよくするため摘葉もしくは玉まわし(着色ぐあいを均一にするため、樹上の果実を約90°回転させること)、太陽光を反射させるためのアルミシート敷設などが行われる。なお、これらの作業は農家にとって大きな負担となるため、近年では着色剤が使われることもある。


主な品種
ふじ(Fuji)
甘みが強く歯ごたえもよいし日持ちもする、日本のリンゴの代表格。日本で現在栽培されている品種の中では最も多い、年間約1230万トンが生産され、国内消費のほか海外にさかんに輸出されている。世界的にも、現在最も生産量の多い品種で、中国・北米・オーストラリアなどでの栽培も多い。1939年に農林水産省果樹試験場盛岡支場が国光とデリシャスを交配させ生まれた。1958年に「東北七号」と仮称命名され、1962年に「ふじ」と命名された。無袋で日光を十分に浴びさせて栽培したものは「サンふじ」の名で出荷される。
デリシャス(Delicious)
年間生産量約930万トン。アメリカで誕生し、1913年に岡山県の花房省吾の手によって日本に導入された。
ゴールデンデリシャス(Golden Delicious)
アメリカのウェストバージニア州で偶発実生として発見された品種。年間生産量約880万トン。日本には1923年に導入された。
王林
福島県の大槻只之助がゴールデンデリシャスと印度を交配させ生まれる。緑色に斑点のついた外見が特徴の晩生品種で、香りと甘みが強い。1952年命名。貯蔵性は非常に優れており、春先までよく出回っている。
紅玉(Jonathan)
1800年頃、アメリカニューヨーク州のリック農園で偶発実生として発見。1871年に開拓使によって導入され、1900年に紅玉と命名。やや小玉で酸味が強く生食向きではないが、芳香があり菓子などへの加工用途に用いられることが多い。
つがる
果汁が多く、甘みが強い。1930年に青森県りんご試験場でゴールデンデリシャスと紅玉を交配させて作り出される。1970年に「青り2号」と仮称命名され、1973年に「つがる」と命名。1975年に種苗登録される。
千秋
果汁が多い深紅のリンゴ。1980年品種登録。秋田県で作成され千秋公園の名から品種名がとられた。
アルプス乙女
ミニりんご。1964年、長野県松本市で波多邦男がふじと紅玉の間の実生から発見した偶発実。
世界一
最大の品種。500 - 1000グラムほどの大きさになる。1930年に青森県りんご試験場がデリシャスとゴールデンデリシャスを交配させ生まれる。
印度
日本初の品種。1875年(明治8)に弘前市で誕生したとされるがその経緯は不明な点が多い[1]。実は堅いが、甘味が強くて酸味は少ない。戦後、高級リンゴとして出回ったが、その後、他品種が広がるとともに一時姿を消す。2002年頃にまた出回るようになった。
旭(McIntosh)
1870年にカナダのアラン・マッキントッシュ農園で偶然発見された品種。北米ではポピュラーな品種。早生で強い芳香があるが、日持ちがしないために日本ではほとんど出回らなくなっている。積雪に強いことから北海道でわずかに栽培されている。パソコン「Macintosh」の名前の由来。
ジョナゴールド(Jonagold)
1943年、アメリカのニューヨーク州立農業試験場でゴールデンデリシャスと紅玉を交配させて生まれ、1970年に秋田県果樹試験場によって導入された。酸味と甘みのバランスが良く、生食の他にお菓子・料理用に向く。
祝(American Summer Pearmain)
アメリカ原産の早生の小玉リンゴ。8月下旬に熟するが、8月上旬に未熟な状態で収穫され青リンゴとして売られている。
フラワー オブ ケント(Flower of Kent)
俗称、ニュートンのリンゴ。近代理論科学の先駆者ニュートンが落ちる実を見て「万有引力の法則」のヒントを得た話で有名な樹。落果しやすい性質を持ち、生食用ではなく、料理用として使われる品種。

産地
現在世界では年間約6千万トンのリンゴが栽培されている。生産量は中国がトップでアメリカ合衆国、フランスなどが続く。

日本では青森県、長野県、岩手県で主に栽培されている。日本の都市でリンゴの生産量が最も多いのは弘前市で全国の約20%を生産している。


リンゴの歴史
トルコで約8000年前の炭化したリンゴが発見されている。スイスでは遺跡から約4000年前のリンゴの化石が見つかっており、その時点で既にリンゴは栽培されていたとする研究がある。16 - 17世紀頃になるとヨーロッパでリンゴの栽培が盛んになり、17世紀前半にはヨーロッパからアメリカへ持ち込まれ、現在では世界中の寒冷地でリンゴが栽培されている。

日本へは中国から最初に持ち込まれ「和りんご」などと呼ばれていたが、西洋から西洋リンゴが持ち込まれると日本でも西洋リンゴの方が一般的になった。現在、和リンゴは長野県上水内郡飯綱町で一軒の農家が栽培してその姿を伝えている[2]。和リンゴの実は、大きさ直径3 - 4センチ、重さは30グラムぐらい。熟すると赤くなり、収穫適期はお盆前である。 また平成15年より「彦根りんごを復活する会」が、全国に残存するワリンゴや野生種を調査し数十種類の木(数百本)を育て、収穫した実はお盆に各地の寺社に奉納している。

中国の書物『本草綱』に「林檎一名来禽,言味甘熟則来禽也。」(林檎(りんきん)の果は味が甘く能く多くの禽(鳥の意)をその林に来らしむ。故、来禽(らいきん)の別名がある)との記述がある。

平安時代中頃の書物『和名類聚抄』には「利宇古宇(りうこう、りうごう)」としてリンゴが記述されており、これが訛って「りんご」になったと考えられている。


食品としての利用

リンゴの栄養価
1日1個のリンゴは医者を遠ざける(りんごは医者要らず)(An apple a day keeps the doctor away.)という諺があるぐらい、リンゴは栄養価が高いことが知られている。食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富。


食用
表面には薄い皮があり、そのままでも食べられるが、表面に付着する農薬等の問題や、食べやすさの点から、皮をむいて食べられることが多い。味は酸味と甘みが強い。リンゴは貯蔵が利き、リンゴの出荷は11月 - 翌年7月ごろまで約10ヶ月間行われほぼ一年中食べることができる。

生のまま食用にするほか、ジュースやアップルパイ、ジャム、焼きリンゴ、リンゴ酒(シードル、カルヴァドスなど)などにする。また、まるごと飴で覆ったリンゴ飴が、縁日の出店などで売られている。

リンゴの「蜜」は、ソルビトールである。「ゴールデンデリシャス」「つがる」は蜜ができやすく、「ふじ」「スターキング」は蜜ができにくい。


リンゴにまつわる話
ニュートンのリンゴ
木から落ちるリンゴを見てアイザック・ニュートンが万有引力の法則に気づいたという話は有名だが、この話はヴォルテールが伝えたもので、史実である。このリンゴの木は枯れてしまったが、接木をして増やした二世代以降の木は世界各地で今も栽培されている。ニュートンのリンゴは「ケントの花(華)」といい、生食用ではなく料理用である。味は渋みと酸味が強いが、追熟させると甘く、酸の効いたいい味になるという。

1964年3月、イギリス物理学研究所より日本学士院に対してニュートンのリンゴの苗が寄贈されたが、防疫検査により、この苗木はすでに高接に汚染されていることが発覚。一時は焼却処分が検討されたが、学術上貴重なものであること等から例外的に東京大学理学部附属小石川植物園に隔離され、除去の研究対象となった。1980年、ようやくこの木からに汚染されていない接ぎ穂の切り出しに成功。これ以降、ニュートンのリンゴは国内各地に移植されている。

聖書におけるリンゴ
旧約聖書に登場するアダムとイヴが、蛇にそそのかされて食べた善悪を知る果実がリンゴだと勘違いしている人がいる。実際にそのように考える聖書学者はいない。

ギリシャ神話におけるリンゴ
ギリシア神話には、「最も美しい女神に与えられる」と言われた黄金のリンゴを巡って3女神が争い、遂にトロイア戦争に至るエピソードがある(パリスの審判)。

アップルコンピュータ
コンピュータメーカーであるアップルコンピュータ(Apple Computer)は、リンゴを会社のロゴマークとしている(1997年頃までは6色、1999年以降はほとんど単色で用いられる)。ちなみに「バイト」と呼ばれる左上の囓られた様な跡は、元々「Apple」の社名ロゴが重なっていた部分である。また同社の主力製品であるパソコン「マッキントッシュ(Macintosh、マック)」もリンゴの品種名「McIntosh」(日本名:旭)から採られている(オーディオメーカーの商標と区別する都合で綴りが変えられている)。

その他
和文通話表で、「り」を送る際に「リンゴのリ」という。

眠気覚ましにコーヒーに含まれるカフェインが有効であるのは知られているが、リンゴを皮ごとまるかじりするほうが即効性がある。

リンゴの産地である青森県の藤崎園芸高校は「りんご科」という学科を設置している。


アップル ( 学名 : リンゴ属イエバエは)です。 バラ科の 亜科リンゴ リンゴ属の 植物 、 落葉樹 。 リンゴ果実はの豊富で、 ミネラルやビタミン 、最も一般的に食べられる人々のための果実 。
ディレクトリ [?藏]




開花リンゴの木
落葉樹、最長15メートル、一般的に高い栽培条件3?5メートルの高さ。 灰褐色のトランク、不規則な縦またはフレークフレークと古い肌、滑らかな枝。 葉序鋸歯葉縁で、楕円形のオーバル、代替の葉の。 Corymbosa 花序 、 花のピンクと白の花びら、つぼみ、雄しべ20、スタイル5、自家不稔花、受粉を植えれる木の品種のほとんどで。 果物は、仁、色と異なる品種のため、サイズです。 アップルは、食物繊維の含有量が非常に豊富ですが、大きな助けの腸と腸内フローラの生態学のために調整ペクチンの多く含まれています。
[ 習慣 ]を

中性の土壌に、弱酸性のようなハイライト、。 下層土水はけの良い砂質土壌の通気、有機物に富み、深い土壌に最適。
[ 品種 ]を



世界リンゴ生産
Appleは7,500人以上の既知の品種を持っています。 品種であるレッドスターシリーズ 、 富士 、 ジョナサン 、等 米国種の名前は、レッドデリシャス(である香港ホンコン、 、レッドデリシャスと呼ばれる、場所レッドデリシャスを言った台湾そのアサガオアップル 、ゴールドおいしい、など) [1] 。 英国の北ウェールズバッドウェスト島( バードジーアイランド新品種の最近の発見で)、果物は、他の害虫に加えて、平均よりも健康的である、とのようにメディアによって病気にはなりません"世界で最も希少なリンゴ。" 新鮮な品種に加えて、調理りんごがあります。 としてアップルの酸がベーキングに適した、水の役割を保持する必要があります。



栄養



Appleは(砂糖リンゴ)デザートを作った
コレステロールと悪玉コレステロールを下げることができるペクチン、水溶性食物繊維をたくさん含んでいます。 中規模の皮が付いたままのりんごは繊維の3.5グラム(にも皮膚をカットするだけでなく、繊維の2.7グラムを含む)を提供し、栄養の専門家が10%以上の毎日の摂取を推奨、および80だけが含まれていますカロリー熱の。 "アメリカンジャーナル生理学は、"研究は、リンゴやブドウのような濃い赤果実の学生は、Resveraltrolを持っていることが判明していることがわかった。 物質は、喘息や慢性閉塞性肺疾患や他の病気を制御するために、気管や肺の炎症、などを含む、呼吸器系を減らすことができます。
アップルペクチン 、およびタンニン酸は腸の機能をあわせ持った、毒素の蓄積になると排泄が無駄になります。 助ける軟便、できる粗繊維排泄を 、有機酸は、刺激することができる腸壁を蠕動の役割を増加させる、;ながら、 ビタミンCは、心血管保護、より効果的です。
中国の歴史 を

Appleはで発信ヨーロッパおよび中央アジアアジア 。 カザフスタン "のアルマ-アタ新疆のアリマリは、アップルシティーの評判を持っています。 古代中国のリンゴ 、ナイ、 ボーナスや他の果物は、中国語、またはネイティブのリンゴの品種と果実のようなリンゴを考えられている。 アップル、中国での栽培は、レコードがにさかのぼることができる西漢の時代、 漢王朝 、上林苑、リンゴとナイを栽培していた、香をベッドに入れたり、アロマの香には早くも服に配置した衣服、使用されたカプセルは、短期では、一般的に食べてはいけない。 しかし、リンゴとナイが今であるという意見もある沙鍋は 、リンゴと間違われていた、リンゴはの本当の意味です元の中央アジアアジアから中国に、ピリオド。
現代中国の "アップル"と呼ばれるがから派生されたサンスクリット語 、 古代インドの 聖典果実のように述べたが、まず中国の融資、および"スムージング"、"pingを実行した後、"女性の周波数"として知られていた女性"と他の書き込み。 明 万里農業図書の年、"クワンフォンのスペクトルのフルーツのスペクトル"、"アップル"の記事は、言った:"アップル、北、河北省が好ま林檎本体に接続リンゴのような、葉、ストレートトランクにそびえる。。梨とスムーズのような大きな果物。生の緑、半分赤、半分白が調理される、または、赤滑らかで再生する美しいフル、お香の匂いいくつかの手順。甘い曲、綿花などの食品は、砂を食べて、未熟な過熟と腐ったクマだったしかし、Baの最良の調理九分。" 多くの中国の農業の歴史、中国の専門家の果樹の歴史は、これが"りんご"が使用されている使用した最初であると信じています。
また、"もったいない"として知られる古代中国ではリンゴ、 [2]または"林檎。" 李は言った:"もナイとリンゴ、二種類のクラス、木は本当にリンゴと大きいようなもの白、赤、青の3色は、白の人が素数ナイです、赤はダンナイ用です、グリーングリーンナイです。""とリンゴは、小さな円形のNAI、そのような金のリンゴ、赤リンゴ、リンゴ水、蜂蜜リンゴ、黒のリンゴは、黎明の色味で始まります。"。 " ハーブダイエットは "そこに、言った"、リンゴはリンゴで三つの大きな高齢者ナイ、ラウンドを持っている一方、灰に収斂小さな味。"
清王朝の前に中国でのネイティブリンゴの品種は、このにあった、河北省 、 山東省 、低生産によって特徴づけられる広く栽培他の場所は、果実は小さい、薄い、甘い、しかし焦りストレージ、簡単に破損し、非常に高価、清朝の北京ですバナー果物用として使用します。 清朝、山東省のアメリカ煙台リンゴの品種、に西日本の導入日露戦争 、また関東州雄越の農業の実験的基礎、西洋アップルの導入と交配の確立。 煙台市と大連市は、今日の有名なリンゴの原点となっています。 共和党の期間を経て、ますます中国市場の独占西洋のリンゴの品種で、中国の在来種のリンゴ栽培は徐々に栽培の範囲が縮小され、消去されている、そして最終的にのみ河北小さな領域を節約するために妊娠、しかしこれらの木々 1970年代の前と後のも中国の絶滅。
[ 中国の文化 ]を

Appleの"りんご"と単語の平和として、"フラット"の文字はそう、でアップル同音異義語である中国文化平和縁起の良い意味インチ 中国文化で、受信者が安全にしたいと望んでいる、アップルを与える。 中国の旧正月の休日は、リンゴを食べるために皿に入れ、果物を買って食べて、お祭りの雰囲気を追加したい。
に呉の呉による面積、"死んだ""アップル"とは同音異義語なので、呉の領域の贈り物アップルの患者を訪問していない。
の香港やその他の場所、 西にもレッドデリシャスリンゴとして知られている、ではなく、それがため聖書 蛇に誘惑アダムとイブが食べた禁断の果実を 、過去に、何人かの人が間違えアップル美味しい (おいしい)、賞賛外国人を聞くため、しかしリンゴは外国から輸入すなわちAppleの外国の名前は、そのターンの後半とも呼ばれる、"場所レッドデリシャス"と呼ばレッドデリシャス 。
台湾古い世代やその中のいくつかの台湾の人々は、Appleがである、"リ ??ンゴ"(リンゴスター)であると述べた日本語の発音、 文字の書き込みには"林檎"です。 伝統的な福建語は、中国の"鵬果物。"、"フォン- KO"と呼ばれている
フッター『サプリメント通販ショップ専門店』ワールドサプリ.JP